穴窯焼成ANAGAMA

  1. 陶芸教室ゆう工房トップページ
  2. 穴窯焼成

ゆう工房の穴窯焼成とは?

ゆう工房には電気窯と穴窯の2 種類の窯があります。
会員様や体験者様の作品は通常、各教室にある電気窯を使用して焼成を行なっておりますが、年に2 回穴窯での焼成も行なっております。
穴窯ではゆう工房の全9 教室の会員様の作品や、販売用のうつわ、カフェゆうで使用するうつわを中心に焼成を行ないます。
穴窯は市内から車で約1 時間の山奥、大阪府能勢町にあり、自然を満喫しながら焼成体験に参加することも出来ます。
焼成後には穴窯作品展や穴窯授賞式やパーティーの開催も 行なっております。

穴窯とは?

~火まかせ陶芸の和文化を学ぶ体験講座~

穴窯は昔から伝わる、薪でじっくり焚きあげる原始的な焼成の窯です。そんなアナログな焼き方だからこそ、緋色やビードロ、自然釉、窯変など電気窯では出せない美しい景色が生まれます。

作り手の力が及ばないところで、作品が作り上げられるところが、「火まかせ」という穴窯の魅力ではないでしょうか。

穴窯焼成体験は焼きもののルーツを知り、うつわが完成するまでの炎の世界を体感し、陶芸を学びます。土が焼きものへと変わるのは、1200 ~ 1300 度の高温です。 1200 度近くになると、後ろの煙突から背丈にも達する火柱が出ます!ゴウゴウと音をたてる炎!穴窯の中で走り回る炎が生み出す様々な景色。進化する社会の中で、古代から変わらない穴窯焼成。焼きものが誕生するときを、一緒に体験してみませんか? 2 日間だけの陶芸ジャーニー&冒険☆窯場では焼成以外に窯詰め・薪割り・窯出しなども体験できます。

穴窯焼成のながれ

  • 1.窯詰め

    焚き込み口から窯に入り棚を段状にくんで作品を詰めていきます。会員さんやカフェゆうの陶器も詰めていきます。

  • 2.火入れ

    参加会員さん皆で気合いを入れます。窯の焚き口で木片を燃やします。

  • 3.あぶり

    300℃まではゆっくり薪を焚きます。500℃を越してから本格的な窯焚きが始まります。

  • 4.焚き込み

    2 日間火を絶やさず7分間隔で薪をくべます。3 人一組のチームで仲良く窯焚きをしていきま す。

  • 5.攻め入り

    温度が1200℃に近づくと、煙突の煙が火柱に!このまま温度を保ちます。

  • 6.フタを閉める

    最後は炎の熱が逃げない様にフタを閉めてレンガの目地に土を塗ります。焼成は終了、お疲れ 様でした!

  • 7.窯出し

    焼成から一週間ゆっくり冷まして、窯から作品を出します。できたての会員さんの作品を1番に見る事ができます♪

  • 8.完成!

    焚の灰から生まれる自然釉により、土味あふれる渋みのある作品に仕上がります。

次回の穴窯焼成体験

体験スケジュール

穴窯焼成体験のご案内

参加費(保険料込み)

会員体験料¥2,160(税込)+保険料¥540(税込) 合計¥2,700(税込)
非会員体験料¥3,240(税込)+保険料¥1,080(税込) 合計¥4,320(税込)

*参加費とは別に炎を扱い危険も伴う為、保険に加入していただいております。

ご理解・ご協力お願い致します。

時間

3交代制

①8:00 ~ 15:00 ②15:00 ~ 22:00 ③22:00 ~ 8:00

場所

大阪府豊能郡能勢町上田尻98 「地蔵橋」付近

持ち物

軍手(貸出あり)・タオル・懐中電灯

飲食類(近くにお店がない為各自ご用意お願いします)

能勢は寒暖の差が激しいので、防寒具など

服装

汚れても大丈夫な服装(長袖、長ズボン)・スニーカー

*窯に薪をくべる方は綿100%のシャツなど。

化学繊維の服など火が燃え移りやすいものや、トレーナー等は熱がこもり、すぐに脱げない為危険です。

アクセス

梅田(阪急宝塚線)→川西能勢口駅へ 能勢電鉄に乗換→妙見口駅

妙見口駅から阪急バスで奥山内へ→窯場まで徒歩約20 分

*直接自家用車・バイクで窯場に来られる方はスタッフへお伝えください。

*ゆう工房の車による送迎があります。

・梅田教室~窯場まで片道¥540(税込)

・妙見口駅~窯場まで片道¥270(税込)

所要時間:電車:梅田駅~妙見口駅まで約1 時間。

車:梅田~窯場まで約1 時間。

妙見口駅から窯場まで約20 分。

一覧へ

voice

Now Loading...