やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 穴窯

穴窯

第27回 春の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★の発表です☆ part①
公開日: 2018年5月25日 金曜日

大阪能勢町にあるゆう工房の穴窯にて、「第27回 能勢窯焚き大人の冒険ツアー」を開催しました☆

各教室からエントリーされた会員さん作品が焼けあがってきました☆

恒例の秀作作品展を行っており、今窯も数ある作品の中から選ばれました、穴窯作品展受賞の作品をご紹介いたします!

受賞された会員の皆様おめでとうございます(^O^)/

 

毎回クオリティが高い陶芸会員さんの穴窯作品☆

完成度の高い作品を作られた会員さんに贈られる金賞・銀賞・銅賞を発表致します!

 

 

第27回 春の穴窯会員作品展

金賞

東京銀座教室  三堀 恒 さんの金賞受賞作品です☆

金賞受賞おめでとうございます(^^)/☆

東京銀座教室  三堀 恒さん

 ●土:古信楽土    釉薬:ブレンド釉・ルリ釉・赤土部釉

 

銀賞

福岡天神教室  名倉 彩夏 さんの銀賞受賞作品です☆

銀賞受賞おめでとうございます(^^)/☆

福岡天神教室  名倉 彩夏さん

●土:あかね土    釉薬:無釉、焼き締め

 

銅賞

東京銀座教室  ストッカー 里菜さんの銅賞受賞作品です☆

銅賞受賞おめでとうございます(^^)/☆

東京銀座教室  ストッカー 里菜さん

●土:あかね土    釉薬:黒天目釉、ブレンド釉

 

 

穴窯焼成体験☆詳しくはコチラです

https://yukobo.co.jp/anagama/index.html

☆第27回穴窯受賞会員作品展☆大阪梅田教室☆5/20(土)~
公開日: 2018年5月25日 金曜日

こんにちは、大阪梅田教室スタッフの田村です◎

 

★☆★第27回穴窯受賞会員作品展のお知らせです★☆★

大阪梅田教室2階ギャラリーにて2018年5月20日(日)~5月27日(日)の期間中、第27回穴窯受賞会員作品展を開催しております!

※期間は27日までの記載ですが6月1日までは引き続き展示予定です☆

  

 

ゆう工房では年2回、穴窯と呼ばれる薪窯を使い、

作品を焼成する事が出来ます。教室の窯とはひと味違った味わい深い作品が出来上がるのが魅力的です♪

今回春の焼成では1月から薪切りなどの準備を行いました!

 

 

会員さんも参加して窯の中に作品を詰めていく窯詰めイベントや、夜通し薪をくべて焚く焼成のイベントも行われました♪

5月の初めに窯出しを行い、生まれたての作品たちが皆さんの手元に帰って来た頃かと思います(*^^*)

 

 

そして全国7教室から集まりました数ある会員さんの作品の中からゆう工房主宰のゆう先生と、陶芸講師のスタッフで選考を重ね、栄えある受賞作品を決定致しました☆

梅田教室でははじめて穴窯焼成に作品を出してくださった会員さんの作品も受賞しております。

炎の走った後や灰がかかって美しい景色が表れている作品などどれも見所たっぷりの力作ばかりです。

穴窯ならではの味わい溢れる作品をお楽しみください。

 

 

賞を何度も受賞されている殿堂入りの会員様の作品は今回も迫力ある大作ばかりです☆

 

 

 

 

●展示期間●

2018年5月20日(日)~5月27日(日)

 

●開催場所●

ゆう工房大阪梅田教室2階ギャラリー

※入場は無料です

 

お近くの際は是非お立寄り下さいませ。

お待ちしております!

 

 

穴窯焼成体験☆詳しくはコチラです

https://yukobo.co.jp/anagama/index.html

第27回 春の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★作品の紹介  part②
公開日: 2018年5月25日 金曜日

大阪能勢町にあるゆう工房の穴窯にて、「第27回 能勢窯焚き大人の冒険ツアー」を開催しました☆

各教室からエントリーされた会員さん作品が焼けあがってきました☆

恒例の秀作作品展を行っており、今窯も数ある作品の中から選ばれました、穴窯作品展受賞の作品をご紹介いたします!

受賞された会員の皆様おめでとうございます(^O^)/

 

毎回クオリティが高い陶芸会員さんの穴窯作品☆

完成度の高い作品を作られた会員さんに贈られる殿堂入り賞、各賞、見逃せない名作品を発表致します!

 

殿堂入り賞7名様

大阪梅田教室 杉本 恵子さん

●土:古信楽土    釉薬:無釉、焼き締め

 

 

大阪梅田教室 増田 智美さん

●土:古信楽土    釉薬:無釉、焼き締め 内側に土灰釉

 

 

東京青山教室 照沼 尊人さん

●土:半磁土    釉薬:黒マット釉、チタン白濁釉

 

 

 

大阪梅田教室  芦生 太一さん

●土:古信楽土    釉薬:無釉、焼き締め

 

 

★新しく殿堂入りをされた3名様の作品です★

 

東京銀座教室  小黒 康裕さん

●土:古信楽土    釉薬:黄瀬戸釉

 

 

 

 

大阪梅田教室  漆谷 育子さん

●土:あかね土    釉薬:唐津長石釉、ブレンド釉

 

 

 

 

東京銀座教室  伊東 卓子さん

●土:あかね土    釉薬:穴窯講座釉

 

 

 

黄瀬戸賞

東京銀座教室 岡戸 涼さん

●土:もぐさ土  釉薬:黄瀬戸釉

 

 

陶板賞

大阪南堀江教室 雫 裕理子さん

●土:唐津土、萩土  釉薬:唐津長石釉

 

 

デザイン賞

東京銀座教室 大村 幸宏さん

●土:備前土  釉薬:無釉、焼き締め

 

 

マグカップ賞

名古屋栄教室 奥地 賀津江さん

●土:南蛮土  釉薬:松灰釉

 

 

穴窯釉薬講座賞

大阪梅田教室 高橋 暁子さん

●土:あかね土  釉薬:穴窯講座オリジナル調合釉(長石+灰 赤土部釉)

 

 

 

 

入賞作品に匹敵の名作品です☆ご覧ください。

見逃せない名作品 9作品

大阪梅田教室 宮本 朋佳さん

●土:あかね土  釉薬:唐津長石釉

 

大阪梅田教室 岡田 安弘さん

●土:あかね土  釉薬:黒天目釉、唐津わら白釉

 

 

大阪南堀江教室 中川 哲さん

●土:あかね土  釉薬:キヌタ青磁釉

 

 

東京銀座教室 元秋葉 文子さん

●土:萩土、古信楽土、唐津土  釉薬:穴窯講座オリジナル釉(前回のもの)

 

 

東京銀座教室 西辻 正樹さん

●土:あかね土  釉薬:黒マット釉、Baマット釉

 

 

東京銀座教室 本間 高志さん

●土:唐津土  釉薬:土灰釉

 

 

東京青山教室 山田 翔太さん

●土:南蛮土  釉薬:キヌタ青磁釉

 

 

福岡天神教室 横山 学爾さん

●土:美濃白土  釉薬:土灰釉、黒マット釉

 

 

福岡天神教室 本山 貴文さん

●土:美濃白土  釉薬:3号釉  表面に黒化粧

 

 

受賞された各教室の会員様、おめでとうございます(^^)/☆

 

 

 

穴窯焼成体験☆詳しくはコチラをご覧ください

https://yukobo.co.jp/anagama/

 

 

2018春☆穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」in大阪南堀江教室
公開日: 2018年4月6日 金曜日

こんにちは!
ゆう工房南堀江教室担当陶芸講師の杉山です(^-^)

先日南堀江教室で開講いたしました、穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」の様子をレポート致します。

会員の皆様が普段何気なく使用されている”釉薬”。

「色」ととらえたり、「ガラスの膜」ととらえたり、「コーティング剤」ととらえたり、いろいろな見方をされている”釉薬”。

いったいどうやってできていてどんなもの?という疑問にお答えしながら、

昔からある原始的な調合にチャレンジして釉薬作りを体験する講座でした。

今回の講座でスポットを当てたのは丹波焼の赤土部釉です。
釉薬と言っても水留の為に使用されていた土に近い釉薬で…と知識と調合方法を学んで、初めての釉薬調合にレッツチャレンジです!

今回は赤土部釉なので鉄分の多い土を原料にしています。
まずは土を砕くところからスタート!
粉塵が沢山出るので皆さんマスク姿に変身!

 

 

叩いたり、すりつぶしたり、ゴーゴーと乳鉢乳棒の間で粉になる土の声が教室全体に響きました。
穴窯の燃料である薪で出来た木灰を加え調合していきます。

 

 

調合比によって釉薬の様子も変わってくるので、お気に入りの釉相を狙って灰の量とお水の量を調整します。

いい具合になったら筆にたっぷり釉薬を含ませのせるようにゆっくりとテストピースに釉薬をのせます。

 

 

オリジナル釉薬への第一歩を踏み出した皆さん、奥深い釉薬の世界に魅了されているご様子でした。

ご受講頂きありがとうございました。

 

 

講座参加者さんだけの特別釉薬、ぜひご自分の作品に掛けて、渋カッコイイ作品作りに活かしてくださいね(^^♪

 

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

2018春☆穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」in名古屋栄教室
公開日: 2018年4月6日 金曜日

こんにちは!

ゆう工房名古屋栄教室のオリバーです(・∀・)

今回は3/25に行われたイベント、穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」の様子を

みなさんにお伝えしたいと思います☆

 

本格陶芸ができるゆう工房の特色として、春と秋の年に二回、

電気窯ではない薪をつかった窯で作品が焼成できるイベントがあるのをご存知でしょうか?

 

普段教室に通われている会員さんも

実際に山の中で薪を投げ入れることができる、特別な陶芸体験。

「穴窯」とよばれる薪を投げ入れて焼く原始的な窯は、

自然の力を借りて焼くので色味も深く、一風ちがったあじわいのある作品が焼き上がるんです( *´艸`)

 

 

そんな穴窯焼成イベントにあわせて開催されるのが穴窯講座☆

陶芸の知識がより深められ、個人の知識アップができるもので、

いつもとちがう経験ができるのがポイントです(*^^*)

 

3/25に開催された穴窯講座は

前回に引き続き「釉薬」をテーマにした第二弾の講座でした!

赤5土とよばれる鉄分の多い土に、穴窯焼成ででた薪の灰をまぜてつくる「赤土部釉」が

今回の講座の釉薬です。

もともとは丹波焼の釉薬なんです☆

 

まずは釉薬の基礎知識と、歴史から(^^)

普段の授業ではこんなにふかく釉薬について考えることはないので、みなさん興味深々。

 

 

知識とつくりかたを学んで、いざ実践です!

まずは赤5土を砕いていきます(>_<)

 

 

ゴリゴリ…ぐるぐる…なかなか細かくするのも大変です。

調合比によって量る灰の量がかわるので、間違えないように注意しながら灰を量り、

徐々に水を足してさらにぐるぐる混ぜていきます。

 

おおっ 良い感じにとろみがついてきました!

うまくいけばこんな焼き上がりになる今回の釉薬。

こちらはスタッフが講座前にサンプルとして作成したテストですが、渋くてカッコイイ雰囲気。

 

 

上から違う釉薬や絵の具で絵付けもできるので、ご自身のつくった作品装飾の幅が広がりますね!

「勉強になったー!」

「普段とまた違う陶芸が知れてたのしかった!」

と、みなさん楽しそうにされていました☆

 

みなさんの試作した釉薬の焼き上がりが楽しみですね( *´艸`)

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/