やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 穴窯

穴窯

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★名古屋栄教室長賞★
公開日: 2018年11月28日 水曜日

こんにちは、名古屋栄教室担当の安藤です♪

第28回・能勢穴窯作品展を名古屋栄教室ギャラリーにて展示中です。

選ばれた土や釉掛けの組み合わせも記入して展示していますので、

気になる作品の土や釉薬はメモして、次回のご自身の穴窯作品に活かしてくださいね!

 

さて、力作揃いの中から今回はこちらの作品を「室長賞」として選ばせて頂きました!

 

 

 

こちらの酒器を作られたのは、ゆう工房歴約2年のアヤノさん。

前回の穴窯に続き、2回目の出品で室長賞に輝きました!

受賞おめでとうございます

 

 

織部風緑釉に灰がかぶり、味わい深い色となりました。

しのぎの部分に流れた釉薬の陰影も美しいです◎

 

 

外側と見込みに溜まった部分の色の変化も楽しめる作品です。

 


 

旦那様と仲良くゆう工房に通われているアヤノさん。

高台の部分は女性らしい優しいデザインで遊び心が隠れています♪

 

これからもご夫婦で陶芸ライフ楽しんでくださいね!

 

使用土:茜土

使用釉薬:織部風緑釉

場所:火前

 

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★受賞ブログはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★受賞ブログはこちらをご覧ください

穴窯焼成体験☆詳しくはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★東京青山教室長賞★
公開日: 2018年11月28日 水曜日

こんにちは!

東京青山教室スタッフの郡司です。

第28回 秋の穴窯 会員作品展・・・

今回も力作ぞろいの穴窯作品の中から、こちらの作品をご紹介します。

 

 

ゆう工房歴もうすぐ1年のリュウイチさんの作品です。

入門カリキュラムで初めて作った袋物の花器を出品されました。

左右のふくらみのバランスも良く、

こだわって調節した、口から腰にかけての流線形のシルエットが素敵です。

釉掛けの際にわざと指のあとを残したのも味になっています。

 

 

薄いリップ部分の釉薬は流れて白い土の色が出ていて、

全体的に落ち着いた色合いの中でアクセントになっています。

 

 

黒マット釉の上に唐津長石釉を薄くかけたことにより、

青みがかった艶の出ている部分と、灰がかかってマットになっている部分の色や質感の差が出ており、

形はシンプルですが、綺麗すぎず、味わいある作品に仕上がりました!

お花が生えそうな一輪挿し、ぜひいろんなお花を活けてみてください。

 

土:美濃白土

釉薬:黒マット釉、唐津長石釉

 

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★受賞ブログはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★受賞ブログはこちらをご覧ください

穴窯焼成体験☆詳しくはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★枚方公園教室長賞★
公開日: 2018年11月28日 水曜日

こんにちは、枚方公園教室担当陶芸講師の永冨です。

今年10月に行われた第28回目の穴窯焼成、沢山の力作が勢ぞろいしました。☆

そんな中、

第28回秋の穴窯 会員作品展 枚方公園教室の室長賞は・・・・

 

 

ゆう工房歴3年、ケイコさんの植木鉢作品です!( *´艸`)

 

 

内側外側、それぞれ半分から上を釉薬2重に掛け分けを。

焼き締め部分と一重掛け、二重掛け部分の三層になるように釉掛けしました。

その為、土と釉薬のいろんな表情が出ていて

ついついジッと色を見つめてしまう作品ですね。。。

植木鉢内側の目跡も穴窯特有の景色です◎

 

 

こちらの作品は、お祖父様へのプレゼントだそう。

喜んでいただけると良いですね。。。♪(●^o^●)

 

土:茜土

釉薬:あめ釉、唐津わら白白濁

 

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★受賞ブログはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★受賞ブログはこちらをご覧ください

穴窯焼成体験☆詳しくはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★福岡天神教室長賞★
公開日: 2018年11月28日 水曜日

 

こんにちは、福岡天神教室スタッフの佐藤です(*^-^*)

 

秋の穴窯作品は皆さん面白いものが出来上がっており、出展していない会員さんもよくご覧になっています。

電気窯とは違う釉薬の表情や、自然釉の味わい、歪みが奥深さを引き立てますね(^^♪

そんな中選ばせて頂いた第28回 秋の穴窯会員作品展 福岡天神室長賞は…

 

 

大き目の取っ手が印象的な急須はゆう工房歴もうすぐ3年のオオツボさんの作品です!

大胆な形にシンプルにソバ釉を掛けた作品は、灰のかかる前方には白緑の流れができており、見る角度で様々な景色が味わえます。

 

 

蓋を開けた時に見える目跡も穴窯特有の景色ですね♪

 

次回の穴窯は春。

福岡教室の穴窯人口が増えるようスタッフも気合を入れてコーチングさせて頂きます(≧▽≦)

 

場所:火前
土:茜土
釉薬:そば

 

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★受賞ブログはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★受賞ブログはこちらをご覧ください

穴窯焼成体験☆詳しくはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★大阪梅田教室長賞★
公開日: 2018年11月28日 水曜日

こんにちは大阪梅田教室陶芸講師の脇です(*‘ω‘ *)

第28回、能勢穴窯作品展、今年も沢山の名作品が生まれました。

素敵な作品が多く、選考は悩みに悩みましたがついに室長賞を決定いたしました☆彡

それでは発表致します☆☆

灰かぶりが美しいとびカンナ大皿。

制作者さんはゆう工房歴18年のゆいさん☆

以前、会員さん紹介ブログでもご紹介させて頂いたベテラン会員さんです(^^♪

 

よーく見ると小さくちいさくとびカンナの模様が…☆

薪の灰が被りところどころみえたり、見えなかったりしています。垣間見えるこの感じが良いですね。

 

ちなみに素焼き前はこんな感じでした。

左上の作品です♪

受賞おめでとうございます。☆

 

土:南蛮土

化粧:白化粧

技法:とびカンナ

釉薬:土灰

 

現在、大阪梅田教室2階ギャラリーにて

梅田教室の会員様受賞作品展を開催しております(^^)/

お気軽にお立ち寄りくださいませ☆

 

●会期 11/12(月)~11/29(月)

●場所 ゆう工房梅田教室2階ギャラリー

●入場無料

 

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★金賞・銀賞・銅賞★受賞ブログはこちらをご覧ください

第28回 秋の穴窯 会員作品展 ★殿堂入り賞★&★各賞、見逃せない名作品★受賞ブログはこちらをご覧ください

穴窯焼成体験☆詳しくはこちらをご覧ください