やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 穴窯

穴窯

知識アップ穴窯講座☆「自分だけの陶芸道具をつくろう!」東京銀座教室☆2017.06.25
公開日: 2017年7月8日 土曜日

こんにちは!

東京銀座教室 担当スタッフ はざまです^^

 

6/25(日)に、銀座教室にて、穴窯知識講座が開催されました* その様子をお伝えいたします^^

今回の講座は、「コテ作り」です!

 

器を成形する際に使う”木ゴテ”。

湯呑用、鉢用、お猪口用、、、陶芸を極めるなら、作る器の形に合わせて各種揃えておきたい道具です。◎

既製品のコテでは、なかなか思い通りに成形できない部分も、今回の講座で、自分専用に形を変えられます!

今回は、そんな本格派な会員さん、8名様がご参加下さいました~^^*

 

 

まず、大小さまざま木材から、座学を踏まえ、より理想に近い素材を選びました(゜ν゜)

 

 

 

やすり出しスタートです◎ 木工教室のようで、わくわくしますね!!

 

 

小さなコテを糸ノコギリで切り出して、端材からもう一つコテを制作された会員さんもいらっしゃいました◎

 

 

中指にあたる部分をやすり落とし、カスタマイズする会員さんも♪♪

力を入れて使う道具「コテ」、、、確かに、グリップ感にはこだわりたいところですよね。

 

最後は、紙やすりで仕上げれば・・・。

 

 

皆さんのMYコテ・MYヘラの完成です~(^^♪

コテの稜線が波打たないように削り込んでいくというのは、思ったより難しかったようで、、。

削りすぎてへこんでしまった部分がなくなるまで、さらにやすり込んだりも。。

皆さん、削り作業1時間ちょっとで、頑張って下さいました~(;´∀`)

 

最後は出来上がったコテで、カンパーイ!?!?

 

 

やすり作業でお疲れのところかとは思いましたが…^^

集合写真も、ありがとうございました☆彡

 

秋の穴窯の制作は夏の終わりころには始まりますよ~!

MY道具で準備万端!!金賞狙って張り切って作陶しましょう!!

 

ご参加ありがとうございました◎◎

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

大阪南堀江教室「知識アップ陶芸講座ー自分だけのコテを作ろうー」イベントレポート~ ☆2017.6.18開催
公開日: 2017年6月27日 火曜日

こんにちは。大阪南堀江教室スタッフの杉山です(^^)

先日大阪南堀江教室にて開催されました【知識アップ陶芸講座ー自分だけのコテを作ろうー】の様子をレポート致します☆

コテをはじめ、陶芸ではたくさんの道具を使いますが、何となく底を綺麗にする道具なんだろうな…想像する道具です。

コテは何のために手の代わりをしてくれているのか?使いやすいコテの形とは?自分の求める形に必要なコテの形とは、どんなものでしょう?

そんな疑問にお答えする為、西岡先生が熱く知識や技術をみなさんにお伝えしました☆

 

 

コテの種類やいろいろな形の資料を参考に、みなさん一生懸命木を削りだし自分だけのmyコテ作りに夢中です。

 

 

実技あり、実演あり、知識講座ありの二時間でした。

 

 

没頭し完成後は、みんなでそれぞれ制作したコテを順番に触って出来栄えを讃え合いました(^^)/

 

 

オリジナルの愛着あるコテと、はいポーズ!!

みなさん、ご参加いただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

第25回穴窯受賞会員作品展☆大阪梅田教室☆5/23(火)~6/5(月)
公開日: 2017年5月24日 水曜日

こんにちは、大阪梅田教室、穴窯スタッフの西岡です。

★☆★第25回穴窯受賞会員作品展のお知らせです★☆★

大阪梅田教室2階ギャラリーで2017年5月23日(火)~6月5日(月)まで、第25回穴窯受賞会員作品展を開催中★

 

 

先月開催致しました、第25回能勢穴窯焼成で

全国から集まった会員さん作品が、味わい深い素敵な作品に仕上がりました!

今回からの焼成は例年と異なり、短時間で焚き上げる唐津方式で焼成を行いました。

沢山の素敵な作品の中から、ゆう先生・陶芸スタッフと慎重に受賞作品の審査を☆

どれも素敵な作品で悩みに悩み、受賞作品を決定致しました!!

 

 

二重掛けされた釉薬の流れる幻想的な景色も穴窯焼成の魅力です!

 

  

 

今回からの唐津方式の焼成に変わり、釉薬が半溶けの唐津焼成ならではの素敵な作品も!!

半溶けだからこそ出る質感味わいがとても素敵です!

角度により作品の表情が変わり見て楽しみ。マットな質感を触れて楽しめる作品ですね!

 

 

他にも受賞された会員さん穴窯作品がたくさん展示しています★

実際に見て穴窯作品に圧倒されてみてください(*^^*)!

今までには見たことのない作品が勢揃いですよ!!

 

 

 

大阪梅田教室2階ギャラリーで第25回穴窯受賞会員作品展、展示しております★

2017年5月23日(火)~6月5日(月)までです!

関西にお越しの際は、大阪梅田教室2階ギャリーにお越しください♪

お待ちしております(*^-^*)

 

「 蕎麦釉タタラ大皿」★第25回大阪能勢穴窯焼成体験・大阪梅田教室・教室長賞発表!!
公開日: 2017年5月24日 水曜日

こんにちは!大阪梅田教室陶芸スタッフの村上です(o^∇^o)ノ

梅田教室にも穴窯作品が焼きあがって戻ってまいりました!

梅田教室で穴窯作品展も開催中ですので、ぜひ皆様お立ち寄りくださいね☆

その中から、梅田教室の教室長賞の作品を紹介いたします!

 

 

こちらは、梅田教室陶芸会員の青山さんの「蕎麦釉タタラ大皿」です。

青山さんは、ゆう工房歴約7年のベテランさんで、明るく、熱心な女性会員さんです。

とても丁寧に作陶され、作品に対する思いをいつも感じられます。

ベテランさんですが青山さんはなんと今回初めて穴窯に出品されました!

 

穴窯の焼きあがりをイメージして作ったタタラのお皿は、約20cm×約15cmの大きな作品。

蕎麦釉をかけられましたが、しっっとりマットな質感に焼きあがり重厚なたたずまいをしています。

 

見所は、釉薬の表情です。

蛇かつ釉のような、釉薬の縮みのような表情があります。

特に、内側のカーブの釉薬が流れたり、釉薬が濃くかかったところなどにその表情が見えますね。

器の裏側も、素敵な色になっています。

緋色がきれいで、目アトもくっきり、アクセントになっています。

 

いつもの教室とは違う雰囲気になりましたが、青山さんの感想をお伺いするのが楽しみです。

ぜひ、次回作もがんばっていただきたいなと思います♪

 

土:美濃白土

釉薬:蕎麦釉

「灰をたくさん吸い込んだたわみペアカップ」★第25回大阪能勢穴窯焼成体験・大阪南堀江教室・教室長賞発表!!
公開日: 2017年5月24日 水曜日

こんにちは!大阪南堀江教室スタッフのさっこです!

ついに穴窯作品が帰ってまいりました!
森の中にあるゆう工房の穴窯でたくさん灰を吸い込んで直火で焼成された作品はどれも味わい深く仕上がっていますよー(^^)/★

南堀江教室室長賞が決定しましたので発表します!

 

 

今回で穴窯作品を出すのは2回目!穴窯ルーキー雫さんの「灰をたくさん吸い込んだたわみペアカップ」です!

賞の決め手は何といってもこの形。

熱線から発する熱で焼き上げる電気窯焼成とは異なり、直火焼成の穴窯作品は沢山エネルギーが加わるため、薄すぎないよう厚さを整えたり、作品のバランスに注意しながら成形します。
しかし雫さんの作品は土が自らにょきにょきと形を成したのではないかと思うほど奔放で自由な形です。
教科書通りでない形ほどバランスをとるのがむつかしいですが、上手に重心をとって制作されました。
今にも動き出しそうな作品の躍動感からは、制作中にわくわく土と戯れる雫さんの気持ちが伝わってきますね。まるで気持ちがそのまま形になったみたいです。

<釉:キヌタ青磁+チタン白濁>

境目


表と裏、灰がかかって溶けたり流れたり、1つの作品の中に多様な景色をうつし出してくれるのも穴窯焼成の大きな魅力です。

<釉:黒マット+BAマット>

面白い形に多様な釉相、出たとこ勝負で窯まかせ。
大胆にそんな作品作りができたら素敵ですね☆
予想しきれない穴窯焼成の魅力にまだまだ魅了わされながらあらためてこれからも勉強したいと思ったスタッフでした。

しずくさん、受賞おめでとうございます!!
素敵な作品をありがとうございました。

穴窯焼成体験☆詳しくははこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/anagama/