やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 2017年 > 3月 > 9日

2017年3月9日

自然に身をまかせた~緑の陶器展~ in cafeゆう福岡天神店
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちは!

cafeゆう福岡天神店スタッフの庭木です(^^)

 

只今、福岡天神店で開催中のmini陶器展のご紹介です!!!!

 

【~緑の陶器展~】

◎会期:2017.03.01 wed-2017.03.31 fri

◎会場:cafeゆう 福岡天神店 ※期間終了後新しい陶器展と入れ替えます。

 

 

 

自然の力によって創られた緑は、様々な表情を持っています。

淡い緑から、濃い緑まで、、、うつわ一つ一つに個性が出ており、見ているだけでも楽しめます(´▽`)

販売も行っております。お気軽にお越しくださいませ☆

 

カフェゆう☆福岡天神店へのアクセスはこちらです↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/hukuoka.html

 

「わら白釉水鳥花器」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月2週目
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちは!福岡天神教室担当スタッフのがっきーです♪

冷たい雨が降ったかと思えばポカポカ暖かい日もあって、日に日に春が近づいていきますね。

環境が変わりやすいこの季節。気持ちが中々追いつかないこともありますがそんな時こそリラックス。

ゆう工房に遊びにきてリフレッシュして下さると嬉しいです(*^-^*)

 

花咲く春には、こんな花器制作も素敵ですよ☆今回の名作品はこちらです!

 

 

「わら白釉水鳥花器」

会員コース5年目のベテランさん、林さんの新作です!

水に浮かぶ鳥のような形をしたユニークな花器。

わら白釉の仄かに蒼みを含んだ白色がキリッと作品を締めています。

 

 

持ち手にも遊び心が入ったデザイン。

釉の縮れも趣がありますね(●´ω`●)

 

 

注ぎのついた口元が鳥の嘴を表しています。

成形はロクロではなく手びねり。底部分から紐作りで丁寧につくられました(^^)

 

林さんは大物制作が得意なベテラン会員さん。ゆう工房歴は5年ですが、陶芸歴は20年以上です!

前回はこちらの作品でのエントリーでした。(https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/fukuoka/70603/

 

 

現在は更に一回り大きめなこちらの作品を制作中!

自由な発想が面白い林さんの作品。これからも目が離せませんね(*´ω`*)

 

土:茜土

釉薬:わら白釉(胴の羽部分にはチタン白濁釉を施しています。)

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「天龍寺天目掛分大皿」☆京都四条河原町教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月2週目
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちは☆ 京都四条河原町教室のスタッフの翁長です。

 

3月も2週目を迎えました。

京都では今週の始めでも市内で雪が一瞬振りました!寒さに慣れてる京都の会員さんもビックリ☆

春の訪れが待ち遠しいですね。

 

さて、今週の名作品をさっそくご紹介します。

 

 

まんまるのタタラ皿です。大きさが30㎝もあります!!

 

比較のために「猫の箸休め」を置いてみましたが大きさわかるでしょうか。笑

 

こちらを制作されたのは月2回のご受講で通われているアユミさん。

友人に大きいお皿が欲しいと頼まれたそうで、、、タタラで制作する事になりました。

 

焼き上がりを30㎝にするには立ち上げた部分も考えて35㎝以上で成形しないといけません。

土は3kg は取ったでしょうか。それを荒練り、菊練り、叩いて伸ばして、、、大作業でした(`・ω・´)

 

土を伸ばした後は厚紙にコンパスで円を描いて切り取り緩い曲線で立ち上げてます。

 

 

ふんわり感が出て、作者の雰囲気がでています。

 

釉薬は天竜寺青磁を下地にして天目釉薬をかけました。

ちょっと天目釉薬が薄かったみたいですが、渋く仕上がっています。

 

お友達はどんな反応をするか楽しみですね☆

 

土:茜土 釉薬:天龍寺青磁、天目釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

「魚描き落とし小鉢」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月2週目
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちは、名古屋栄教室の安藤です。

名古屋の白川公園では、菜の花が見ごろになってきました。

色鮮やかな黄色は、見ているだけで元気をもらえますね✨

 

そんな春を感じる今週の名作品は、こいのぼりにも見えるお魚が印象的なこちらの作品です。

 

ゆう工房歴8年になるナオミさんの作品、「魚描き落とし小鉢」です☆

ナオミさんは月4回のご受講、たまに追加で受講されることもあるとても熱心な会員さんです。

 

 

魚の絵柄を素焼き素地にトレースした後に、キセト釉を筆で塗り、模様を描き落とし。

境界線が綺麗になるよう、さらに黒色の絵の具で魚を縁取りしてから全体に黒マット釉をかけています。

手間と愛情のこもった素敵な作品に仕上がりましたね♪

 

左:南蛮土・キセト・黒マット/右:茜土・キセト・黒マット

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「六角市松菊紋茶筒」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月2週目
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちわ、東京銀座教室の相澤です。

3月も2週目に入りましたが、まだまだ寒い日が続いていますね(>_<)
そんな中、今週の名作品はカラフルでとっても春らしいこちらの作品です!

 

もうすぐゆう工房歴2年になるマナミさんの作品、「六角市松菊紋茶筒」です☆
マナミさんはとても丁寧で緻密な絵付けをして下さる会員さんで、今回の作品も絵付けに3週かけて作品を仕上げてくださいました、、!!

 

 

今回はタタラと組み立てた六角形の茶筒に、1面づつ交互に市松紋様と菊紋様を書き込んでくださいました。
古典的な紋様を、花びらの枚数や正方形の中をストライプにするアイディアで、とっても可愛らしい作品になっていますね(^^)

 

 

普段買ったままの茶筒を使いがちですが、こんなに可愛い茶筒が食卓に置いてあったらお茶を淹れるのも楽しくなりそうです♪

 

土:白美濃土
釉薬:三号釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html