やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 2017年 > 4月 > 15日

2017年4月15日

「春が来た♪桜モチーフの七宝作品」☆大阪梅田教室☆銀アクセサリー会員さんの名作品紹介 4月2週目
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは!

大阪梅田教室銀スタッフの広瀬です(^O^)

桜満開ですね。あちこちでピンク色が見えてポカポカ陽気になりました。

桜だけではなく、色んな花が咲き出しているので私は近々植物園へ行こうとたくらんでいるんです♪

 

今回はそんな春を感じられる、今にピッタリの作品をご紹介致します♪

作者さんは通い出してから1年と4ヶ月程になる、竹本さんです(*^^*)

銅板の上にガラスの粉を乗せて焼成をする、七宝の作品です。

七宝を始められて1年くらい経ちますが、このところは季節もののシリーズで制作されています。

 

 

以前お花見に行った際に撮った写真が元になっているんだそうで。

ピンクの釉薬があまりなかったので欲しい色を買い足して桜の濃淡を出しています。

写真をそのまま絵にするのではなく、枝は省いて桜の花を目立たせるように考えられていますね☆

 

 

また、桜の花の背景ですが、紺色を置いているように見えますよね?

実はこれ、紺色の釉薬は使っていないんです。

桜の花びらの釉薬に使った色々な種類のピンク色の釉薬を混ぜ合わせたものなんだそうです。

試しに焼いてみたらこんな色になったんだ、と話して下さいました(*^。^*)

入会当初から色んな事に挑戦されているタケモトさんですが、

いつもスタッフが想像もしない事に挑戦されているのでこちらも新鮮で楽しいです。

 

 

この作品の額もタケモトさんの手作りです。

一本の棒を切って作られたそうですよ!作品への意気込みがひしひしと伝わってきます。

現在も季節のシリーズで七宝作品を制作されています☆ まだ完成していないのでとっても楽しみです(*^。^*)

これからも研究しながら挑戦していきましょうね!

 

銀アクセサリー会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/ge_silver.html

 

 

 

 

「刻花風蓋のモダン土鍋」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 4月2週目
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは、ゆう工房南堀江教室の杉山です。
ぐっとあったかくなって気持ちいい季節になってきました。
桜の花びらが風に舞う道を通勤できるのもあと少し、桜の下から芽吹く葉っぱに生命力を感じる今日この頃です。

今日ご紹介する会員さん名作品は、「刻花蓋のモダン土鍋」!!
月2回のペースで通って下さっているひろみさんの作品です!

 

 

刻花は立体的に模様が浮かび上がるので「浮き彫り」、陰刻に対する「陽刻」とも呼ばれる技法です。
胎土や化粧土を彫ったり削りとったりして文様を彫刻風にくっきりとあらわしたものを言います。

 

 

ひろみさんは入会して間もないですがとても器用でこれ作りたいと決めたら最後まであきらめない、とても頑張り屋さんなひろみさんです(*^-^*)
「先生、土鍋作りたい」
お話を聞いているとなんだか彫刻のような浮彫のような蓋を作りたいとのお話でした。
ザクッとした手触りの土鍋土で綺麗に彫れるかなと心配しながらも制作をスタートしました。
器用なひろみさん時間をかけてじっくり丁寧に削り、見事な花蓋を完成させました。

 

 

作りたいものを作りたいという思いがひろみさんの腕を急成長させているようでスタッフも次は何を作るのかなと楽しみにしています。思い描いた形になるようこれからもお手伝いさせてくださいね!一緒に闘陶しましょう( *´艸`)
宜しくお願いします(^^)/

土:土鍋用耐熱土

釉薬:三号釉、黒マット釉、赤絵具

装飾:浮き彫り、刻花風、ねじり取手

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「おうちがいっぱい小物入れ」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 4月2週目
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは!福岡天神教室スタッフのがっきーです(‘ω’)ノ

今週の福岡はぽかぽかあたたかい日中になりました。春の日差しは癒されますね~(●´ω`●)

が、朝晩の冷え込みは未だ激しく、さらに花粉量も多いとのこと。

油断するとすぐ体調を崩しそうですね。。皆様もご自愛くださいませ!

 

さてさて、会員さん名作品をご紹介します!

 

 

福岡天神教室会員さんのにしまゆさん作品「おうちがいっぱい小物入れ」です!

洋ナシのような形の小物入れ。てっぺんにはつまみの代わりにたくさんのおうちが建っています。

 

 

ひとつひとつ小窓やドアがついて、ちょっとしたジオラマのよう。

全体に化粧土を施して焼しめているのでマットな質感に。閑静な雰囲気を感じさせますね。

 

 

窓や屋根にはソバ釉や黒マット釉、天龍寺やルリ釉思い思いの釉薬を筆塗りしています。

全体が白い中でアクセントが効いて、素敵な演出になっています!(≧▽≦)

 

 

中にも一工夫。ガラスを敷いて融かしつけています。

蓋の町の下にはこんな瑞々しい色合いが広がっている…と思うと更に物語性が深まりますね(*^^*)

 

にしまゆさんの過去作品はこちらです。

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/fukuoka/76888/

 

土:茜土

釉薬:瑠璃釉、ソバ釉、天龍寺青磁、黒マット釉(屋根のみ)

装飾:ラベンダー絵具(窓のみ)

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「タタラ模様替わり角皿」☆大阪梅田教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 4月2週目
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは、大阪梅田教室 陶芸スタッフ村上です(^^)/

桜も満開、とても気持ちが良い季節がやって参りました!

お花見を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

大阪梅田も街中に桜が綺麗に咲いていますよ(^^♪

 

さてさて、今週の会員さん名作品はコチラです☆

 

 

 

陶芸会員カサハラさんの「タタラ模様替わり角皿」です!

ゆう工房歴約16年、大ベテランのカサハラさんは何度目かの登場です。

毎回センスあふれるお洒落な作品を作られていますが、ご本人も

ステキなお姉さんです!

 

今回の作品はタタラ作りの角皿ですが、1つ1つの装飾がとても凝っています。

お皿の縁部分に、カンナでしのぎや彫り模様をいれて

1枚1枚の釉薬の色も変えています。

 

 

こちらの作品は、彫模様を入れたところの角の

釉薬の色の変化がとてもいいですね。

毎回どんな作品が焼き上がるのかスタッフも楽しみにさせていただいています♪

 

土:南蛮土

装飾:しのぎ、彫紋、化粧

釉薬:キセト、土灰、黒天目

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

「鳥形陰刻合子」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さん名作品紹介 4月2週目
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは。
大阪枚方公園教室 陶芸スタッフいばたです。

関西は一気に桜が開花しましたね。
週末はあいにくのお天気でしたが、少しの晴れ間を狙ってお花見された方も多かったのではないでしょうか。

わたしは通勤の京阪電車の車窓からお花見見物しております。

では4月2週目枚方公園教室 陶芸会員さん名作品をご紹介します。

 

 


「鳥形陰刻合子」
作者はゆう工房歴4年のマユミさん。
現在、自宅会員コースで作陶に励まれています。

美濃白土で成形し、中を丁寧にくり抜かれています。
羽根の模様を竹串で彫り、素焼き後、透明釉を施釉。
嘴にだけ、下絵の具で色をつけました。

羽根の模様も少しずつ違います。
仕事の丁寧さが、現れていますね。

 

 

木の実でしょうか、こちらの合子も発見!
匙が入るように工夫されていますね。

 

 

可愛らしい繊細な作品達。
ホッと癒される陶器です。

土:美濃白土
釉薬:土灰

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html