やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 福岡天神教室 > 楽しい「陶芸装飾講座 おてしょ皿をつくろう!」レポートin福岡天神教室 2017.1.15

楽しい「陶芸装飾講座 おてしょ皿をつくろう!」レポートin福岡天神教室 2017.1.15

公開日: 2017年1月22日

こんにちは!福岡天神教室スタッフのがっきーです☆

先日開催しました、「陶芸装飾講座 おてしょ皿をつくろう!」in福岡天神教室のレポートをお届けいたします~!!

 

?おてしょ皿とは?

10センチ前後の小さなお皿で、一般に普及したのは江戸時代から。手塩皿(てしおざら)が転じておてしょ皿、と呼ばれるようになったそうです。豆皿のようなもので、形や模様柄を凝らしたものも多く大名から庶民まで広く愛された器です。

現代では「取皿」と呼ばれていますが、「おてしょ皿」というのも粋ですね。

 

…というわけで、軽く座学でおてしょ皿の歴史や化粧土の歴史をお勉強した後は、

 

 

 

どんなデザインにしようかな~っと、形や模様柄を考えます!

 

 

アイディアが決まったら、型紙を切っていきます!

 

 

型紙と化粧土を使って装飾!

こちらは蚊帳(目の粗い布)を使って蚊帳目模様をつけています!

 

?化粧土とは?

装飾用の土を泥漿にしたもの

通常、素地土とは別色の化粧土を使ってコントラストを出すことが多いです。

 

 

蚊帳を外すと富士山出現!壺の形もかわいらしいです(*^-^*)

おてしょ皿で検索するとたくさん壺の形のお皿が出てきたのでこの形にされたそうですよ♪

 

 

化粧土が乾いた後は型に押し付けて縁を立ち上げると…

 

 

おてしょ皿の出来上がり~☆★

 

 

化粧土を絞り出す技法、イッチン技法も用いて立体的な作品に!(≧▽≦)

雪の結晶や梅の花もお見事!です♪

 

 

他にもサファリパークのような模様や…

 

 

 

可愛らしいお花柄など!スポンジで土を塗布することで、けば立ったテクスチャーを出しています(^^♪

 

 

皆様おもいおもいの素敵な器が出来上がりました~!!(*^▽^*)

 

 

素敵な器だったので撮影タイム(*^-^*)

全部揃うと見ごたえUPです!!

 

 

 

最後はティータイム!集中した疲れをいやしました(●´ω`●)

アンケートでは

「化粧土の新しい使い方を知ることが出来ました(^^)/」

「おてしょ皿シリーズ、作ってみようと思います!」

「イッチン、やってみたかったので楽しかったです。難しかったですが、まずまずいいのが出来ました」

などご好評頂けました(^◇^)

 

釉薬をかけて仕上げるまでがおてしょ皿講座!今度は授業で皆さんの制作をお手伝いいたしますね♪

 

 

素敵なお皿に仕上がるようにいっしょに頑張りましょう~(*´▽`*)

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/