やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪南堀江教室

大阪南堀江教室

「チタン釉皿鉢」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月2週目
公開日: 2018年6月15日 金曜日

こんにちは(^^)
大阪南堀江教室陶芸スタッフの田村です。
梅雨も本番、紫陽花がかわいらしい花を咲かせる季節ですね。

お洗濯ものはなかなか乾きませんが、雨がたっぷり降り注いで植物たちは元気いっぱいのようです。

おしゃれな雨の日グッズをそろえたり、お家でまったりするのも一つ、梅雨の楽しみ方はたくさんありそうです

 

今週の南堀江教室会員さん名作品はゆう工房歴15年の三田さんの作品。
「チタン釉皿鉢」

 

 

ベテラン会員さんの三田さんならではの、

口づくりや高台など細部まで丁寧に作られた、少し深さのあるお皿の形状をした皿鉢の作品です。

土の柔らかい質感を残す全体の指すじや、見込みにある緩やかなロクロ目が、大きな器ながらも優しい印象です。

 

 

器の口元はそのすぐ下と比べて少し厚みが残してあり、なめし皮でしっかりと締めて強度や口当たりをよくしています。

口づくりと高台の面取りにも共通した、少しくぼみのあるリブ構造で、全体を見たときの印象も引き締めています。

 

 

 

釉薬はチタン釉の二重掛け。見込みには一重のところとの差による火間(ひま)で、景色を作って焼き上げました。

 

 

大きさの比較でお箸をおいてみました。

 

 

深さのある皿鉢の形状なので、大勢で囲む食卓以外にも、ドレッシングをかけるサラダや、スープがあるようなパスタなど、ワンプレートのお料理にも重宝しそうです。

まろやかな色合いと安定感のある作りがが和洋問わずお料理を引き立ててくれるように思います。

沢山の作品を作ってきた三田さんの手が、この作品の他にもいつも素敵な作品を生み出しています。

おおらかなで、柔らかい雰囲気をそのままに焼き上げるところがとっても魅力的です。
素敵な作品をありがとうございました。

「チタン釉皿鉢」:お皿、お鉢、皿鉢、浅鉢、おうちごはん、重ね掛け、二重掛け、チタン釉、南蛮土

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

ゆう工房30周年記念☆無料講座「土と表現」~各種の土にあった装飾を知ろう!
公開日: 2018年6月15日 金曜日

こんにちは。名古屋栄教室のオリバーです(*^-^*)

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

今年2018年は、ゆう工房開講30周年☆

トクベツな年なのです!(^^)!

そこで、日ごろ教室に通われている会員のみなさんへ、ゆう工房から感謝を込めて

【30周年記念無料講座「土と表現」~各種の土にあった装飾を知ろう!】を開講いたします。

陶芸をはじめて間もない方も、長年通ってらっしゃるベテランさんも土の魅力がより深められる知識講座となっております☆

 

 

基本的な土の成分から、どんな使い方をするとより作品の魅力が増すのかという、

作陶への応用の仕方まで、教室にある土全ての特徴が楽しく学べます♪

 

 

実際に土を触り比べたり、サンプルにふれてみたりと

とにかく沢山土の趣を感じられる特別な時間。

この機会に、より陶芸をたのしみませんか?

お申し込みは下記のフォームまたは教室窓口、お電話からお願い致します。

 

●開催日時●

6/30 (土) 17:00-18:00 大阪梅田教室
7/8 (日)17:00-18:00 大阪枚方公園教室

7/28(土)17:00-18:00 名古屋栄教室
7/29 (日)17:00-18:00 東京青山教室

8/28(火)17:00-18:00  福岡天神教室

11/23 (金)11:00-12:00 大阪南堀江教室

 

●受講費●

会員様  無料

 

▼申込方法

下記お申し込みボタンから、又は各教室スタッフにお電話か直接お伝えください。

※お申込みは先着順で受付し、定員になり次第終了となります。

▽大阪梅田教室 6/30(土)開催

event_moushikomi

 

▽大阪枚方公園教室 7/8(日)開催

event_moushikomi

 

▽名古屋栄教室 7/28(土)開催

event_moushikomi

 

▽東京青山 7/29(日)開催

event_moushikomi

 

▽大阪南堀江教室 11/23(金)開催

event_moushikomi

 

▽福岡天神教室 8/28(火)開催

event_moushikomi

 

ゆう工房WEB名作品展★今週のMVP作品は・・・!(6月の1週目作品)
公開日: 2018年6月12日 火曜日

week_mvp_banner

 
ゆう工房会員WEB名作品展 今週のMVP作品(6月の1週目作品)
 
 
 今週のMVP作品は大阪枚方公園教室の会員八尾さんの陶芸作品に決まりました!!
 
茜土と白化粧、そしてチタン釉の組み合わせが良い作品です☆
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
週間準MVP賞はこちらの作品です。
 
 
大阪梅田教室の会員ナカムラさんのガラス作品に決まりました!!
 
レトロなランプシェード☆
お部屋を落ち着いた雰囲気に演出できます。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
 
 
全国のゆう工房7教室から選抜された8作品の中から、選ばれた名作品です。
※陶芸以外のガラス、銀、染織部門も1点あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  枚方教室 八尾さん      梅田教室 モリさん     南堀江教室 あきらさん  名古屋栄教室 ショウゴさん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                青山教室 マミさん    銀座教室ヒサシさん    福岡天神教室あやかさん  他工芸部門 ナカムラさん
 
 
 
 
 
 
この後、今月入賞する各週のMVP4作品の中から月間MVP作品が一点決まります☆
ゆう工房WEB名作品展はゆう工房のフェイスブックにも掲載されています。ご覧ください。(^O^)/
 
「ナチュラルカップ」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月1週目
公開日: 2018年6月8日 金曜日

こんにちは(^^)
大阪南堀江教室担当講師の杉山です。
じめっと汗ばむ梅雨時はおうちで過ごすことも多くなりがちですが、
雨の中傘をさして散歩に出たり、楽しいこと探しを怠けないようにしたいと思います(^_^)

さて今週の南堀江教室会員さん名作品はゆう工房歴2年のあきらさんの作品。
「ナチュラルカップ」

 

    

 

森の中で動物たちとティータイム、そんな物語のワンシーンに出て来そうな、自然に馴染むナチュラルな印象のカップです。

内側はチタン釉で白濁色に、外は黄瀬戸釉をあっさりとかけて南蛮土の荒い質感を大切に仕上げました。

チタンは濃く、黄瀬戸は薄くの計算された面白い釉薬選択です。
内外の質感対比と古木の皮のようでもあり、地層の様でもある、なんとも心地よい佇まいも作品の見どころです。

 

 

内側の口元は上記の釉薬が二重掛かりになりとろんと流れ、作品のアクセントになっています。

一つ一つの工程を習得するまでしっかりと何度も丁寧に反復練習されるあきらさん。
色々な土に触りながら、それぞれの特性や長所を取り入れた釉薬選び、土選びを心かけていらっしゃいます。
研究熱心なあきらさん、これから出来上がる作品も楽しみにしています。
素敵な作品をありがとうございました。

「ナチュラルカップ」:南蛮土、カップ、自然に馴染む、森の中でティータイム、重ね掛け

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

第27回 春の穴窯 会員作品展 ★大阪南堀江教室長賞☆
公開日: 2018年6月8日 金曜日

こんにちは、大阪南堀江教室担当陶芸講師の杉山です。

今期も気持ちのいいマイナスイオンたっぷりの山奥で天然の灰を体中に吸い込んだ力強い作品たちが、穴窯で焼成を終え帰ってきました。
どの作品も見ごたえあるものばかりでしたが、その中から大阪南堀江教室長賞が決定いたしましたので発表致します。

第27回秋の穴窯 大阪南堀江教室の室長賞は・・・・

ゆう工房歴二年半、千鶴さんの「備前酒器」です。

  

場所:一の間
土:備前
釉薬:穴窯講座特別調合釉

評価ポイント

・氷受けを真ん中に作った大胆な酒器のフォルムと日本酒を冷やせる機能性

・焼き締めに適している備前の土に釉薬を纏わせたチャレンジ精神

・穴窯講座で特別調合したオリジナル釉の使用

・お酒がすでに入っているかのようなフェイク酒器デザインの遊び心

・平たい形に対して口を長く持たせ注ぎやすくする工夫

縁側で夕暮れになく鳥の声をききながら、晩酌をかわしたくなるような器です。素敵な作品には物語が似合いますね。

穴窯講座の特別調合釉も千鶴さんの狙い通り、すでにうす濁りの日本酒が入っているような風合いになり、面白い作品になりました。

前回挑戦の酒器では口のバランスに苦戦されていた千鶴さんですが、

今回は見事にリベンジを果たされました。改善点を見つめて懸命に制作されていた千鶴さん。

穴窯にいる火の神様もにっこり微笑んでくださいました。

次はどんな土にチャレンジされるのか楽しみにしております(^◇^)次回も素敵な作品を生み出してくださいね。

受賞おめでとうございます。