やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 会員名作品集

会員名作品集

ゆう工房WEB名作品展★今週のMVP作品は・・・!(5月の3週目作品)
公開日: 2018年5月22日 火曜日

week_mvp_banner

 
ゆう工房会員WEB名作品展 今週のMVP作品(5月の3週目作品)
 
 
 今週のMVP作品は大阪梅田教室の会員アキコさんの陶芸作品に決まりました!!
 
 針彫で仕上げたすり鉢の器。
片口に和の絵付けと工夫されています。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
週間準MVP賞はこちらの作品です。
 
 
名古屋栄教室の会員ヒロさんの陶芸作品に決まりました!!
 
音が出るという楽しいアイディアの陶の笛です。
 
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
 
 
全国のゆう工房7教室から選抜された8作品の中から、選ばれた名作品です。
※陶芸以外のガラス、銀、染織部門も1点あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  枚方教室 ナカオさん     梅田教室 アキコさん    南堀江教室 くみさん     名古屋栄教室 ヒロさん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                               青山教室 やましょーさん   銀座教室LILYさん    福岡天神教室しんやさん   他工芸部門 ミオヤさん
 
 
 
 
 
 
 
この後、今月入賞する各週のMVP4作品の中から月間MVP作品が一点決まります☆
ゆう工房WEB名作品展はゆう工房のフェイスブックにも掲載されています。ご覧ください。(^O^)/
 
「地金のテクスチャーをひと工夫☆モダンな彫金リング」☆大阪梅田教室☆銀会員さんの名作品紹介 5月3週目
公開日: 2018年5月20日 日曜日

こんにちは、大阪梅田教室スタッフの伊達です☆

今週ご紹介する名作品は銀会員ミオヤさんが制作されたリングです。

 

 

デザインが直線的でモダンな印象です。

いろんなシーンで付けられそうなデザインですね。

一見シンプルですが、よく見ると不思議なテクスチャーで個性的です。

実はこちらのテクスチャー、変わった作り方で制作されています。

使ったのはこちらの機材です。

 

 

 

上下で合わさったローラーの間に細長いリングの地金と、

荒めの金ヤスリを合わせて挟み込み取っ手をグルグルと回すと、地金とヤスリはローラーの中に巻き込まれ、

上下からの強い圧力で、柔らかい銀の地金にはヤスリの凹凸がそのまま写されます。銅版画によく似ている方法ですね。

銅版画の場合は金属の凹凸をインクを用いて紙に写し取りますが、こちらは金属と金属の組み合わせです。

 

視点を少し変えるだけでとっても面白いものが出来上がりますね!

このテクスチャーをつけたことでシンプルなデザインに個性が生まれています。

このアイディアは色々なもので試してみたくなり、今後の制作にも広がりがありそうで楽しみですね!

ロウ付けの技法もさりげなく使われており、溶接に確かな技術も感じます。

これからもオシャレな作品楽しみにしていますね!

 

 

銀アクセサリー会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_silver.html

「砧青磁&緑釉スープボウル」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 5月3週目
公開日: 2018年5月20日 日曜日

こんにちは。

東京銀座教室担当スタッフ はざまです。

 

今週の会員さん名作品のご紹介は、

ブログ初登場、ゆう工房歴10カ月の、LILYさんのスープボウルです。

 

 

微妙な色の違いが、優しい雰囲気の組み作品です。

二つとも同系色の二重掛け作品ですが、一重目の釉薬を片方づつ変えて、施釉しています。

(手前:織部風緑釉+Baマット、奥:キヌタ青磁+Baマット)

 

 

 

彫りの深さと、釉薬の選びが良かったですね。

爽やかで、優しい雰囲気の食卓になりそうです。

 

 

LILYさんは、学生時代はプロダクトデザインの勉強をされていたそうで、

側面のしのぎの丁寧さに、さすが、その頃の情熱がうかがえました。

水挽も安定してきたので、これからもっと、いろんな形状が作れるようになると良いなと思います。◎

また、コレが作りたい、コレが欲しい、を、一緒に相談しながら、作っていきましょう!

 

土:美濃白土

装飾:しのぎ

釉薬:キヌタ青磁+Baマット、織部風緑釉+Baマット

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「花柄絵付小鉢」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 5月3週目
公開日: 2018年5月20日 日曜日

こんにちは。大阪枚方公園教室のスタッフ翁長です。

 

新しい環境にそろそろ慣れる時期、、、

気疲れで5月病とよく耳にしますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

陶芸は無心になれるとてもよい趣味です。いくつになってからでも気軽に始められて楽しめます♪

ストレス発散や癒しもなりますのでいつでもゆう工房に遊びに来てくださいね(^^)b

 

さて、今週の大阪枚方公園教室からの週の名作品はこちらをご紹介させて頂きます。

 

 

今週は絵付け作品★

最近は渋い作品ばかり選ばせて頂いてたのでちょっと違う角度から、、、笑

 

素敵な柄ですね♪

こちらを制作されたのは月2回コースで通われている女性会員のナカオさんです。

ナカオさんは日本画もしているらしく絵付けがとても上手です。

 

 

見て下さい!

色の濃淡や花の細部の細かい部分も描かれており、とても繊細な絵です。

集中と根気が要りそうです。

 

 

色んな色の水玉は釉薬で模様付けしてます。

釉薬を使用しているのでふんわりと優しい模様になっていますね(^^)

 

爽やかな器なので、これから暑くなっていく季節にピッタリだと思いました。

今回、生地は教室にある小鉢生地を使用されました。

器を一から作るのもいいですが、生地は購入して絵付けだけ!という事もできます。

自分に合った陶芸を探していきましょう~♪

 

器:小鉢の素焼き生地 釉薬:3号釉 装飾:絵付

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「呉須絵付け水面蓋物」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 5月3週目
公開日: 2018年5月20日 日曜日

こんにちは!福岡天神教室担当スタッフのがっきーです(‘ω’)ノ

5月も半ばを過ぎ、初夏の色濃くなってきましたね!

生徒さんも蕎麦猪口やビアカップなど、夏の器を作られる方が増えてきました☆

 

こんな涼し気な蓋物も出来上がりました♪

会員コース今月でちょうど2年!のしんやさんの「呉須絵付け水面蓋物」です。

しんやさんの前回作品がこちらです↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/fukuoka/87578/

 

 

 

水面に映っているかの様な同心円の波紋模様。

胴体の三角模様も綺麗な筆運びですね。

呉須の濃淡が瑞々しさを引き出しています。

 

本体の口元と蓋の裏にはきちっと嵌まるようにキー※が施されています。(※蓋物制作において本体と蓋がかみ合うように程された凹凸のこと)

しんやさん、実は最初は急須制作の予定でしたが、

それより先にこのキー作りから練習しよう、という事で蓋物制作に取り掛かりました。

 

 

綺麗に嵌まるキーになってます!急須制作も期待大ですね(*^-^*)

 

 

蓋物も、薬味を入れたりお漬物を入れたり、、と使い勝手がいい器ですよね。

しんやさん、たくさん使って下さいね♪

 

土:美濃白土

釉薬:3号釉

装飾:呉須下絵付け