やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 過去のワークショップ&パーティレポート

過去のワークショップ&パーティレポート

ゆう工房30周年記念☆無料講座☆「電気窯・窯詰窯出し講座」in福岡天神教室 2018.11/17
公開日: 2018年12月11日 火曜日

こんにちは、福岡天神教室担当の松崎です!

先月開催致しました、

ゆう工房30周年記念☆無料講座☆「電気窯・窯詰窯出し講座」の様子をご紹介します!٩( ‘ω’ )و

 

まずは講座資料を見ながら本焼きと素焼きの性質の違いや、

酸化焼成と還元焼成の反応の違いの知識を深め、窯詰めで必要な道具のご紹介をしていきました。

 

 

今回の講座では、素焼き生地に施釉した釉薬の色味を見て、なんの釉薬かを当てるクイズを行いました☆

皆さん真剣に悩まれて、色味の違いや質感の違いを発見してもらいました!

 

 

(右上から…土灰・天龍寺青磁・黄瀬戸

右下から…キヌタ青磁・イラボ・アメ釉)

掛けた釉薬や作品の形によって、窯の中に置く場所も変わります。

作品にとって良い場所に置き、窯詰めをしていきます。

 

次は棚板の上に何個作品を詰めれるか、窯詰めチャレンジに挑戦して頂きました☆

今回は机の上でシュミレーション!

支柱の高さに合わせて、作品と作品が当たらない様に隙間なく詰めて頂きます。

大きな丼茶碗から小さな箸置きまで無駄なく板の上に載せていきます…

 

 

 

作品通しがくっついていないか、板からはみ出ていないか、隈なくチェックします。

綺麗に窯詰め出来たら、次はいよいよ実際の窯場を見てもらい、窯出し体験です☆

 

 

本焼き後の窯場は温かさが残っていて、窯から出し立ての作品もほんのりと熱を持っています。

窯から出て来た焼き立ての作品に皆さんも大喜び!!

焼成はその都度、焼き色や溶け方が違うので窯出しはワクワクドキドキです♪

今回参加して頂いた皆さんにはゆう工房の還元焼成の面白さや奥深さを知って頂けて嬉しいです☆

 

次回は

●12/15(土)17:00~19:00 オーナーゆう先生による「陶芸ワークショップ2018 ☆第2弾〜しのぎ技法を学ぼう〜

●12/18(火)17:00~18:00 「無料講座☆電気窯本焼き講座」を開催します(*^^*)

陶芸や窯の歴史を学び、うつわ作りの技術向上に役立つ講座を行います☆

陶芸に興味のある方、うつわ作りに熱意のある方大歓迎です!お待ちしています~

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

【陶芸を基礎から学べるワークショップ☆第2弾】-しのぎ技法を学ぼう☆-in東京銀座教室 ★☆ イベントレポート
公開日: 2018年12月7日 金曜日

こんにちは!

東京銀座教室スタッフ はざまです^^/

先日銀座教室にて行われた、

【陶芸を基礎から学べるワークショップ☆第2弾】-しのぎ技法を学ぼう☆-in東京銀座教室の

様子をレポート致します^^

前回9月に青山教室で開催された穴窯講座に続き、

今回も、大阪梅田教室からゆう工房主宰・ゆうさんが講師を務めてくださいました☆

 

今回は、コーヒーカップを実習で作りながら、「しのぎ技法」「ハンドル付け」「白化粧ドボ掛け」を、

もう一歩深く学ぶ講座です。

 

まずはゆうさんの座学からスタート◎

 

 

 

鎬文(しのぎもん)は日本刀の”しのぎ”からきています。(・_・D フムフム

 

 

座学のあとはゆうさんの実演です。

小指を生地に立てて削る…。難しいですが、絵付けでも筆を持つとき、

小指を生地に立てておくと安定した線が描けますよ。

 

 

ビデオを撮られる会員さんも^^

 

 

ゆうさんによる削りの実演もありました♪ みなさん、身を乗り出して、熱心に聞いて下さっていました*

 

 

ハンドル付けにも小技が詰まっていましたね♪

白化粧ドボ掛けをしたら、完成です^^*

 

 

2018年最後の陶芸ワークショップはいかがでしたでしょうか??

参加するごとにワンアップ☆の陶芸ワークショップ^^

今回急な予定変更で来られなかった方も、また次回春ごろを予定していますので、

楽しみにお待ちください!

たくさんのご参加、本当にありがとうございました◎

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください

「30周年記念講座☆土と表現」㏌南堀江レポート 2018.11.23
公開日: 2018年11月28日 水曜日

こんにちは(^^♪ ゆう工房大阪南堀江教室陶芸講師の杉山です。

ゆう工房30周年を迎え、記念イベントとして、先日大阪南堀江教室で土講座を開催しました。

講座の様子をご紹介致します。

 

まず、段使っている12種類の土の特性や長所を順にお話ししました。

実際に土に触りながら、何が違うのかを探します。

 

「きめ細かい」、「ぱさぱさしてるね」、「もっさりしてる」…など、
みなさんそれぞれ土を感じながら特徴を記憶されていました。

特徴とセットで覚えたいことがもうひとつ、
作品見本を手にとりながら土と装飾の相性をひとつづつ見ていきました。

 

 

「普段何気なく使っている土、しっかりこだわって研究してみたい」

そんな嬉しいお声を頂いた講座でした。

 

 

どんな土に挑戦するか決まりましたか?

スタッフの問いかけにみなさん真剣に悩まれていたのがとても印象的でした。

みなさんのたくさんの疑問に熱意を感じ、お答えしていたらあっという間の1時間になりました(^^♪
お集まりいただきました皆様、ありがとうございました。

12月には、ゆうさん監修の「楽しい陶芸の実技☆しのぎ講座」を開催します。

熱意ある皆様のご参加お待ちしています☆

 

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください

ゆう工房・開校30周年記念☆無料講座☆「電気窯本焼き講座」~1230度の世界~ イベントレポートin名古屋栄教室
公開日: 2018年11月10日 土曜日

こんにちは、名古屋栄教室担当の安藤です♪

11/3(土)文化の日に開催致しました、

ゆう工房・開校30周年記念☆無料講座☆「電気窯本焼き講座」の様子をご紹介致します!

 

当日は8名の会員さんにお集り頂きました!

勉強熱心な皆さんに頭が下がります。

まずは、窯の歴史(野焼き~電気窯まで)のお勉強。

素焼きや本焼きの焼き方について、温度の違いや気を付ける点について詳しくご説明♪

焼く際の危険温度(焼き切れを起こしやすい温度)573度の数字や、

RF(還元焼成reduction fire)、OF(酸化焼成 oxidaction fire)など、

知っておくとカッコいい陶芸知識をみなさん資料にメモされていました◎

こちらの写真は3点ともゆう工房で人気の天竜寺青磁を施釉したものです。

左:還元/真ん中:肩身変わり/右:酸化

同じ釉薬でもその時の焼き具合、火の通り方によってこんなにも色に違いが出てきます。

ゆう工房では炎を使うことにこだわって焼いている本格陶芸です!

これが陶芸の面白さ、奥深さですね!

講座では、普段なかなか見ることのできない、本焼き焼成中の窯場の中に入って

実際に炎が出ているところも見学して頂きました!

みなさん、窯場の熱さに驚かれていたようです◎

 

お集り頂いたみなさま、ありがとうございました♪

次回は12/8(土)にオーナーゆう先生による「陶芸ワークショップ2018 ☆第2弾〜しのぎ技法を学ぼう〜」を開催致します!!

うつわの装飾技法【しのぎ】についての実技講座に加え、化粧技法についても学ぶことができますよ◎

ゆう先生から直接学べる絶好の機会です♪

お見逃しなく!

 

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください

 

☆第28回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆ゆう工房開校30周年記念★窯出し☆イベントレポート 2018.10.26
公開日: 2018年11月10日 土曜日

こんにちは、ゆう工房大阪梅田教室陶芸講師の村上です(^^)/

先日行って参りました、第28回能勢穴窯大人の冒険ツアー・窯出しイベント!

その様子をレポート致します☆彡    

 

少し肌寒さも感じる10月26日。

焼成を終え、1週間ほどたったこの日、まだ窯の中はほんのり暖かさもありました。

 

焼きあがった、たくさんの作品が・・・

こちらです!!

 

      

 

焼く前のものと比べるのも面白いですね!

今回温度も順調に上がり、しっかり釉薬も熔けていました。

 

穴窯ベテランわっきー先生。上の棚から順番に出していきます。

 

火があたる火前は、釉薬が流れやすく、流れたところをタガネでゆっくりはがしていきます。

作品が欠けないよう、慎重に・・・

 

2人が窯の中に入る最大人数です。

会員さんにも入って頂き、一緒に窯出ししていきます(^O^)

 

こちらは気合十分のあり先生、とも先生ですヽ(^o^)丿

 

前列のあとは、真ん中です。

 

こちらも、しっかり熔けています。

 

こちらは温度が低めの一の間。

備前などが焼けます!

一の間はスタッフ1名入ればいっぱいに(>_<)

外にいる人と力を合わせて仕分けをしながら作品を出していきます。

「次の段の作品を出します!」

「了解ですー!」と、声掛けも活発です(^.^)

 

こちらはグラインダーをかけるゆう先生。

作品の裏の焼き付いた土や釉は、1つ1つ丁寧にグラインダーやリューターで削ります。

 

窯から出てきた作品をひとつづつ眺めていると、

どの場所でどう焼かれていったのがとても興味深く

同じようにはなかなか焼きあがらない

電器の窯とは違う、穴窯だけの魅力・奥深さをより感じます。

 

この日は、前列と真ん中の列、そして一の間を窯出しして終了しました。

後列にはゆう先生の、カフェゆうの器が残っています。

またカフェでどんな器が使われるのか、とても楽しみです(^^☆

 

あとは全国7教室分の作品を仕分け、梱包して送ります。

会員の皆様には、作品がかえって来るのを楽しみにお待ちいただきたいと思います!

最後にご参加くださった会員様と記念撮影をパシャリ☆

お疲れ様でした!

 

次回焼成は来年の春。

また楽しみにお待ちください!

 

陶芸の穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

 

 

 

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン