お客様の声&体験レポート

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > お客様エピソード > 専科卒業生の声
名古屋栄教室【陶芸専科入門コース】☆お客様の声☆2017.04.16
公開日: 2017年5月1日 月曜日

2017年2月より始まりました、ゆう工房名古屋栄教室「陶芸専科入門コース」

毎週日曜日の10:00~16:30、3ヶ月間にわたって行われる全8回のこちらのコースは、

電動ロクロで基礎の形を3か月でマスターするコースです☆

「陶芸の基礎をしっかり学びたい」という、一般会員コースよりも専門的に学びたい方向けで、

5回の座学もついているので、知識も得られます(^^)

 

 

このコースの扉をたたいて来られる方は、

みなさんしっかりと目標をもっていらっしゃるのでスタッフも刺激を受けております(・∀・)

 

さぁ、この春にそんな会員コースを卒業されたMさんから、

お声が届いておりますので、ご紹介しますね☆

 

 

Q1】陶芸専科入門コースに参加されたときの目標を教えて下さい。

A)電動ロクロの上達と、使った事のない釉薬をつかってみたいから。

大学で陶芸を専門に学んでいるのですが、周りとくらべなかなか上手く出来ずに焦っています。

また、学校では指定された釉薬しか扱うことができず、心苦しいので、もっと自由に色んな釉薬をつかってみたいと思いました。

 

Q2】専科入門コ-スに入ってよかったと思うことを教えて下さい。

A)マンツーマンで丁寧な指導をしていただけて、すごく助かりました!

 

Q3】印象に残った出来事を教えて下さい。

A)学校での電動ロクロのひきかたとは違った技法を勉強できたこと。

大学では見よう見まねで良く分からないまま手を動かすことが多かったのですが、

その作り方だけではなく、自分にあうような成形方法を模索するきっかけになったのはとても嬉しいです。

 

Q4】座学について感想を教えてください。

A)大きなA3のプリント一枚に、やきもののことがカラーで見やすくまとめられていて

とてもわかりやすかったです。

実際にサンプルがあるのも、より理解を深めることができました。

 

Q5】今後の進路や目標を教えて下さい。

A)さらなる電動ロクロでの水挽き、削りの上達です。

思い通りの形ができるようになって、もっと陶芸を楽しめるようになりたいです。

 

 

ひとくちに陶芸といっても、その技法や表現はさまざまです。

このゆう工房の経験が、これからのMさんの作陶に少しでも貢献できたら幸いです(*´v`*)

Mさんが上達していくようすは、みていたスタッフも嬉しく思っておりました。

今後の作品も、たのしみにしていますね!

ご受講ありがとうございました♪

 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

陶芸専科コース修了展が始まります ☆大阪梅田教室
公開日: 2017年4月15日 土曜日

こんにちは、大阪梅田教室 陶芸専科コース担当の村上です(*^o^*)

明日から、カフェゆう梅田店のギャラリーにて

2016年度後期陶芸専科コースの修了展が始まります☆ 4月28日が展覧最終日となります。

 

 

 

2016年10月から半年に渡って、土の練り方からはじまり

電動ろくろの基礎、応用までしっかり身に着けてきた4名の専科コース修了生。

朝から夕方までいつも真剣に、時にはわいわいと作陶に励んできました。

一人ずつ個性溢れる作品が並んでいます。

その成果を、ぜひご高覧下さいませ♪

 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

2016年度前期、陶芸専科コース修了展開催中☆大阪梅田教室
公開日: 2016年10月8日 土曜日

こんにちは、梅田教室スタッフ村上です(^^)/

大阪梅田教室1階・カフェゆうのギャラリーでは、

先日修了した2016年度前期陶芸専科コース、3名の修了制作展を開催中です。

 

img_20161006_131530 

 

春からスタートした電動ロクロ専門の専科コース。

土を練ることから始め、土と電動ろくろに向かい合った半年の成果が詰まっています。

 

img_20161006_131609

 

img_20161006_131451

 

大阪梅田教室、カフェゆうにお立ち寄りの際には、ご高覧下さいませ☆彡 

会期は10月14日(金)まで開催中です(^^♪

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

カフェゆう☆大阪梅田店へのアクセスはこちらです↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/umeda.html

 

2016年春期専科コース☆陶芸専科生さん、修了の声☆
公開日: 2016年9月18日 日曜日

こんにちは。専科担当の翁長です。

 

先日修了した2016年春季(前期)陶芸専科コースの卒業生のお声をご紹介します。

 

IMG_1048-e1460526478951

 

インタビューにご協力頂きました。

陶芸専科生さんの生のお声です☆

 

■専科コースに参加された時の目標を教えて下さい。

・器がきれいに作れるようになることです。

・菊練り、土殺しができて、徳利、ぐい飲みが作れるようになる事かな。

・電動ロクロで作品を作れるようになりたい。陶器について知りたい。

 

■専科に入って良かったと思う事を教えて下さい。

・目標どおりに陶器について学ぶことができました。作品も作ることができました。

・丁寧に手つきや削り方、陶芸に関するいろいろな知識を沢山学ぶことができた。

・朝から夕方まで専用のフロアで集中して作陶することができた事。

 

■印象に残ったことはを教えて下さい。

・いろいろな目標を持った人達と出会えた事かな。

・初めの菊練りがなかなか出来なかったり、土殺しも難しくてコツをつかむのに時間がかかった事です。

・他の専科生が2人とも熱心でとても刺激を受けた事です。

 

■専科コースを終えての感想をお願いします。

・お酒が好きで酒器を中心に買い始めたのがきっかけで陶芸に興味を持ちました。

 自分でも酒器を作ってみたくなり陶芸専科コースを受講しました。

全くの未経験からでしたが、先生の丁寧な指導もあり、何とか作りたいものを作れました。

陶芸はこれから一生続けていきます。

 

・菊練り?土殺し??というレベルからスタートでしたが、一つ一つの工程を丁寧に教えて下さりました。

 なかなか最初(に習う)「ソバ猪口」が形にならずに本当にロクロで作れるようになるかな??と不安になったことも

 ありました。継続と楽しむことを忘れず毎週日曜日は作陶に没頭しました。

 目に見えて日進月歩で上達し、次第に普段描いている絵画作品と器をコラボしたような作品を作りたいと

 思うようになりました。まだまだ未熟ですが、修了作品という目に見えた成果を果たせてよかったです。

 

・初めて陶芸(電動ロクロ)の専科コースを受講して不安と期待の日々で毎週楽しく学ぶ事ができました。

 6カ月という間で徳利や茶碗を作ることができました。

 まだまだ学ぶことは多いですが、これからも楽しく陶器を作っていきたいと思います。

 

 

image2

 

皆さん基礎や形を作るところまで習得することができました。

、、、が!ますます作陶意欲が湧いてきたようです(^^) スタッフ翁長、村上も嬉しく思います。

 

そんな専科生たちの作品が

10/1(土)から、カフェゆうにて専科修了展としてお披露目されます!!

専科生の6ヵ月の成果をどうぞお楽しみ下さい☆彡

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

カフェゆう☆大阪梅田店へのアクセスはこちらです↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/umeda.html

 

2014.12.30 大阪梅田教室☆陶芸専科会員 「織部好みの沢蟹手つき鉢☆」
公開日: 2014年12月30日 火曜日

image7

去年の陶芸専科コース、秋季生さんの作品です。

修了後、一般会員コースの通われています。

陶芸作品は桃山陶芸、織部の鉢です。

作者の会員さんは料理店を経営されています。

お店で使うのでしょうか?

おもてなし満載の鉢です。

宴で座敷をひき回し。お客さんを楽しませ、会話も弾む手付き鉢です。

 

陶芸専科会員コースの詳細はコチラから↓

https://yukobo.co.jp/senka.html