お客様の声&体験レポート

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > お客様エピソード > 陶芸専科会員コース
★陶芸専科会員コース☆4月~前期生 第14回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年9月1日 金曜日

こんにちは、大阪梅田教室陶芸専科コース担当スタッフ村上です(^^)/♪

本日は第14回目のレポートを致します!

 

専科コース第14回目のこの日から、修了制作に入っています。

半年で身につけてきたことを作品に出せるように、

どういったものにしていきたいか

イメージをはじめにお伺いして制作に入りました。

 

 

写真から伝わるでしょうか。。。

大物をひいています。。。|д゚)!

 

坂口さん、

大きなものを作るのもお好きだとおっしゃっていました。

土の塊がだんだん形になっていくのはとても楽しいですよね。

 

 

ここから。。。

授業の終わりにはこうなっています。

 

さてさて、ここからどうなるか

また次回レポートをお待ちください♪

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

★陶芸専科会員コース☆4月~前期生 第13回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年8月1日 火曜日

こんにちは、梅田教室、陶芸専科担当の永冨です(*^o^*)

第13回目の今回は袋物制作に取り組みました!

 

 

今まで取り組んできた湯のみ・茶碗・そして大鉢

それらよりも一番難しいとされているのが袋物です・・・!

 

均等な厚みで全体の土を薄く伸ばしていくことができるかが難しく、そしてとても大事なポイントとなります♪

 

 

図のように、最初は筒状に土をまっすぐに伸ばした状態から、、、

 

 

内側から外側に向けて少しずつ力を加え

球をイメージしながら膨らませていきます・・・

 

 

 

一輪挿しですので、最後に口元をキュッと指先で縮めて仕上がりました(*^ω^*)

 

専科生さんの上達が楽しみになってきました☆

次回の専科コースも頑張りましょうね!よろしくお願い致します☆

 

 

 

★陶芸専科会員コース☆4月~前期生 第11回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年7月15日 土曜日

こんにちは、大阪梅田店、陶芸専科コース担当のスタッフ永冨です(^^)

 

暑くなってきて、ひとかたまり土練りをするのにも汗が出て、、、

ロクロ準備はなかなか力も要しますし大変ですが

第11回目は、今までで一番大物となる大鉢制作に臨みました!

 

 

2.5㎏の土の塊から一つの器を作り出しました。

成形手順や手つきは、どのサイズの器でもあまり変わらないのですが

土が多いと動かす土の量も多くなってくるので、細かなテクニックが必要となってきます。(=゚ω゚)ノ

 

 

器の上・下どちらかだけ薄く成形しても

形の歪みの原因となったり、または無駄な場所に土が溜まってしまい小さな器になります、、、

均等な薄さで高さを作っていく意識が大切です(*´ω`*)

 

 

時間をかけて丁寧に制作されていました!

直径約23センチ、深さ15センチの大鉢、完成です☆彡

 

次回も引き続き大鉢成形の予定です。

数こなして少しづつ土の量も増やしていき、大物にチャレンジしていきます~~(^^♪

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

★陶芸専科会員コース☆4月~前期生 第10回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年7月14日 金曜日

こんにちは、大阪梅田教室 陶芸専科コース担当の村上です(^^)/

本日は、第10回の専科コースの様子をお伝え致します!

 

座学は先週で全5回を終えてました。今日からは、ひたすらろくろをひきこんでいきます。

この日は新しいことを2つ、進めました。まず、午前中はお皿の成形です。

 

 

お皿は平らな部分が多いのですが、

腰(うつわの底と側面の繋がっているあたり)を押し出しすぎるとすぐへたってしまいます。

バランスに気を付けながら、よい形を探っていきます…「なかなかそろった形で作れません💦」と専科生の坂口さん。

でも、初めてのお皿はなかなかのでき具合です✌

 

 

 

ゆう先生から、もっと土を無駄なく使ってつくるアドバイスを頂きました。

次回以降も引き続き練習です!

午後からは次の課題、大鉢もやってみることに。

 

 

1つあたりの土の量が一気に増えて、成形が一気に難易度が上がります(>_<)

しかし、とりあえずやってみよう!とチャレンジ精神の坂口さん。果敢に挑戦です。

土を薄く伸ばしていくところまでは問題なくいけるのですが、

形を広げていくときに少し歪んで来てしまう…という問題が。

どうやら土を伸ばすときに厚みの差があり、広げるときに影響していそうでした。

 

 

次も頑張ります!とやる気溢れる坂口さん。

この日も朝から土を練ってはろくろ、練ってはろくろ…と頑張りました😊

次回も楽しみながら取り組みましょうd(^-^)

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

★陶芸専科会員コース☆4月~前期生 第9回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年7月5日 水曜日

こんにちは、大阪梅田教室、陶芸専科コース担当の永冨です!

第8回目となる今回は、ひたすら高台を削りだす作業に励みました、、、(^^)

 

 

器の口元を傷つけないよう 「シッタ」 と呼ばれる

ロクロで成形した筒状の土の塊を使用します。

 

シッタをロクロ上で中心に合わせ、口元に器を伏せるように置いたら

準備完了!!

 

 

削りすぎたら器に穴が開くこともあるので注意しなければなりません。

 

 

器の内側の角度をイメージ・想像しながら

丁寧に少しずつ削っています、、、(^^)

 

 

今回は2回目の削りという事で

一時間半で3つの削りをこなすことができました♪

少しずつコツを掴んでもっとスピードつけて削れるようレベルアップを目指します(*^o^*)

 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html