お客様の声&体験レポート

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > お客様エピソード > 陶芸専科会員コース
陶芸専科会員コース☆10月~後期生 第10回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2018年2月5日 月曜日

こんにちは、大阪梅田教室専科講師の永冨です♪

 

全18回の電動ロクロ成形を中心とした陶芸専科コース☆

10回目となる今回は、ゆうさんによる実技レッスンからスタートです!( *´艸`)

 

 

ロクロの回転に合わせて、

手のひらの中であっという間にカタチが変わってしまう様子に

専科生釘付けのご様子!(◎_◎)

 

 

細長ーく、筒状に土を伸ばしています。。。

手のひらから何が生み出されるのでしょうか。♪( ´艸`)

 

 

少しづつ、筒の内側から外側に向かって指のチカラを加えて、まるいカタチに変化◎

 

 

口元をカチっと丁寧に作り上げる事で

フォルム全体を引き締めます(*^_^*)

 

 

ロクロの回転スピードに合わせて

人差し指を上から下に、ゆっくり優しく滑らせ

ベトベトした泥を回収。

手を道具として、自由自在に作れちゃうのが陶芸の魅力ですね☆

 

そしてなんと、

コンビニのプラスチックスプーンさえも道具にしちゃいます!(゜_゜)

 

 

表面を丁寧にならし、面をハッキリさせます。

そして徳利の完成☆

 

ゆうさんのロクロ技術に感化されて

専科生もモクモクと作陶に集中(`・ω・´)

 

 

次回は大鉢にチャレンジ☆

今までより多くの土を使用する分レベルもグンとアップします。。。

 

どんどん作って体で覚えて、楽しんで作陶していきましょう♪

 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

陶芸専科会員コース☆10月~後期生 第9回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2018年2月4日 日曜日

こんにちは、大阪梅田教室専科講師の村上です♪

 

全18回の電動ロクロ成形を中心とした陶芸専科コース☆

9回目となる今回は、お皿の成形です( *´艸`)

 

   

 

今日も菊練からスタートです!

 

 

土の塊から、器を作っていきます。

そば猪口、茶碗と縦に長いものからお皿へと

徐々に横に広がった形になってきています。

 

 

お皿は、底の広さと側面の傾きのバランスがとても難しい・・・

 

 

 

集中する専科生3名…

 

いくつもいくつも作って、手が作り方を覚えていきます。

たくさん失敗もしますが、全てが確実に力になっていきます!

丁度折返し地点、楽しんで作陶していきましょう♪

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

陶芸専科会員コース☆10月~後期生 第8回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2018年2月3日 土曜日

こんにちは、大阪梅田教室陶芸講師の永冨です( ^ ^ )/

 

全18回の電動ロクロ成形を中心とした陶芸専科コース☆

8回目となる今回は、高台削りからスタート!

 

 

ロクロで水挽きの終わった器は適度な硬さに乾燥さて、

作品を伏せて器の腰部分を削りだします。◎

 

 

口縁を傷つけないよう、使用するのが〝シッタ〟という円形の筒。

お皿の底、平らな部分の寸法に合ったシッタが必要です。(・ω・)

 

 

ロクロの中心にシッタを据えて、削りの準備完了☆

 

カンナという道具を使用して器の内側の角度をイメージ・想像しながら

丁寧に少しずつ削っていきます、、、(^^)

 

 

削りも2回目となり、1時間で3つの削りをこなすことができました♪

少しずつコツを掴んでもっとスピードつけて削れるようレベルアップを目指します(*^o^*)

 

たくさん整形してガンガン削って、数こなしていきましょう☆

 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

陶芸専科会員コース☆10月~後期生 第7回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2018年1月17日 水曜日

こんにちは、大阪梅田教室陶芸スタッフの永冨です(^ω^)

全18回の電動ロクロ成形を中心とした陶芸専科コース

7回目となる今回は、茶碗成形から、、、☆

 

専科も中盤に差し掛かり

専科生も自力で、同じ形を数多く成形できるくらいまでにメキメキ上達◎◎

 

 

「口元はもっと反った形にしたい」

「できるだけ軽い器に仕上げたいから、薄くのばしたい」など、

こだわりも強くなってきました♪

 

 

それぞれ仕上がる作品の雰囲気も違い、個性が表れています☆(^∇^)

 

次回は、器の脚部分を作る「高台削り」という作業から。

今までは指先を道具として使って器を成形してきましたが、

高台削りは道具を使用する、少し間接的な作業なのです。*:.。.

 

好き嫌いや性格が出やすいのもこの作業!

どんな作業でしょうか、、、お楽しみに☆ミ 

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

陶芸専科会員コース☆10月~後期生 第6回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2018年1月13日 土曜日

こんにちは!大阪梅田教室の陶芸スタッフ、永冨です(*^o^*)

 

全18回の電動ロクロ成形を中心とした陶芸専科コース

6回目となる今回は、主宰による座学から☆

 

“白化粧” という白色の泥を使用した装飾技法の実技を進めました◎

 

 

 

白化粧の混ぜ方や作品への掛け方、持ち方、

掛けた後の作品の置き方など、細かい部分まで!

さりげない作業工程や手つきも、実は全て意味があるので

最初から最後まで見逃せないのです(*ω*)

 

 

その後は一度窯で焼成、そして釉薬を掛けても良いですし

白色をベースにして絵付けをすることも出来るのです◎

 

とても万能で幅の広い装飾技法、白化粧。

専科生とスタッフ共々、更に白化粧の良さを追求しながら制作に励みます☆

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html