お客様の声&体験レポート

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > お客様エピソード > 陶芸専科会員コース
2016年春期専科コース☆陶芸専科生さん、修了の声☆
公開日: 2016年9月18日 日曜日

こんにちは。専科担当の翁長です。

 

先日修了した2016年春季(前期)陶芸専科コースの卒業生のお声をご紹介します。

 

IMG_1048-e1460526478951

 

インタビューにご協力頂きました。

陶芸専科生さんの生のお声です☆

 

■専科コースに参加された時の目標を教えて下さい。

・器がきれいに作れるようになることです。

・菊練り、土殺しができて、徳利、ぐい飲みが作れるようになる事かな。

・電動ロクロで作品を作れるようになりたい。陶器について知りたい。

 

■専科に入って良かったと思う事を教えて下さい。

・目標どおりに陶器について学ぶことができました。作品も作ることができました。

・丁寧に手つきや削り方、陶芸に関するいろいろな知識を沢山学ぶことができた。

・朝から夕方まで専用のフロアで集中して作陶することができた事。

 

■印象に残ったことはを教えて下さい。

・いろいろな目標を持った人達と出会えた事かな。

・初めの菊練りがなかなか出来なかったり、土殺しも難しくてコツをつかむのに時間がかかった事です。

・他の専科生が2人とも熱心でとても刺激を受けた事です。

 

■専科コースを終えての感想をお願いします。

・お酒が好きで酒器を中心に買い始めたのがきっかけで陶芸に興味を持ちました。

 自分でも酒器を作ってみたくなり陶芸専科コースを受講しました。

全くの未経験からでしたが、先生の丁寧な指導もあり、何とか作りたいものを作れました。

陶芸はこれから一生続けていきます。

 

・菊練り?土殺し??というレベルからスタートでしたが、一つ一つの工程を丁寧に教えて下さりました。

 なかなか最初(に習う)「ソバ猪口」が形にならずに本当にロクロで作れるようになるかな??と不安になったことも

 ありました。継続と楽しむことを忘れず毎週日曜日は作陶に没頭しました。

 目に見えて日進月歩で上達し、次第に普段描いている絵画作品と器をコラボしたような作品を作りたいと

 思うようになりました。まだまだ未熟ですが、修了作品という目に見えた成果を果たせてよかったです。

 

・初めて陶芸(電動ロクロ)の専科コースを受講して不安と期待の日々で毎週楽しく学ぶ事ができました。

 6カ月という間で徳利や茶碗を作ることができました。

 まだまだ学ぶことは多いですが、これからも楽しく陶器を作っていきたいと思います。

 

 

image2

 

皆さん基礎や形を作るところまで習得することができました。

、、、が!ますます作陶意欲が湧いてきたようです(^^) スタッフ翁長、村上も嬉しく思います。

 

そんな専科生たちの作品が

10/1(土)から、カフェゆうにて専科修了展としてお披露目されます!!

専科生の6ヵ月の成果をどうぞお楽しみ下さい☆彡

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/senka.html

カフェゆう☆大阪梅田店へのアクセスはこちらです↓

http://yukobo.co.jp/cafeyu/umeda.html

 

2016.9.11 大阪梅田教室 ★春期★陶芸専科会員コース 第18回目レポート
公開日: 2016年9月17日 土曜日

こんにちは!陶芸専科担当の翁長です☆

 

いよいよ専科コース、最終日を迎えましたヽ(*゚∀゚*)ノ

4月から始まり、全18回。約6ヶ月間。。。長いようであっという間でした。

 

最終日は今までの作品の釉薬がけです。

どれを専科修了展に出品するのか、選別します。うーん、迷いますね☆

 

img_1920

 

どんな色にするのか、
またどのくらい釉薬をつけるのか、釉薬でガラリと印象が変わります(^^)

 

image31

 

西田さん、、、ピース出遅れました(笑) ふふふ♪ 仲良し専科生です。

 

image2

 

最後に茶話会♪
それぞれの感想などを言いながらこれまでの思いやこれからの事を語り合いました。

 

今期の専科生は3名中2名が一般会員コースへ、1名は他県にある訓練校に行かれる事になりました。

みなさん、専科コースを修了しても陶芸を続けられるという事で翁長、村上は嬉しく思います♪

 

image11

 

専科コースは陶芸を始めるきっかけです!

どんどん、これから技術向上しながら自分の作品を作っていきましょう〜♪

 

6ヶ月間、本当にお疲れ様でした!

2016.9.04 大阪梅田教室 ★春期★陶芸専科会員コース 第17回目レポート
公開日: 2016年9月15日 木曜日

こんにちは。陶芸専科コース担当の翁長です!

 

さて!いよいよ残り2回となってまいりましたヽ(*゚∀゚*)ノ!!

今日は今までに作ってきた作品を素焼きに出すための削り・装飾の作業です。

 

img_1898-e1473325636838

今までたくさん練習を重ね、、たくさん水引きをしてきました。

 

陶芸を始めて6ヵ月
まだまだ、まだまだ練習をしないと理想の形は難しいと思います。

 

img_1901-e1473325616166

 

ただ、この6ヶ月の間に
自分の長所短所がわかってきたのではないでしょうか。

 

img_1903-e1473325603852

 

最初の頃より、
こうしたい、こんな器が作りたいと
皆さん作陶意欲パワーがとてもアップしたように思います(*^ω^*)

 

img_1899-e1473325626377

 

次回が専科春期コース最終日!
最後まで気合いを入れて頑張りましょうね☆

 

陶芸専科会員コース☆詳しくはこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/senka.html

2016.8.28 大阪梅田教室 ★春期★陶芸専科会員コース 第16回目レポート
公開日: 2016年9月14日 水曜日

こんにちは、陶芸専科コース担当 村上です!
8月28日、専科コース第16回目のレポートをお送りします(^-^)☆

専科コースは残すところ、この日を入れてあと3回、追い込みに入っています(>_<)
形を作れるのは、乾燥、焼成の関係で今期の専科コースでは最後とあって成形に力が入ります。
スケッチブックに、作りたいものなど書き出すアイデアスケッチをしてから作るといいですよー!とお伝えしたところ、

書いてきてくださっていました!(写真がなくてごめんなさい!)

頭の中のものをすぐ形にできればそれに越したことはないですが、紙の上にアイデアを落とし込み整理するのは大事なことなのです。

さらにアイデアを形にするには技術も必要。ここで半年の成果を見せて頂きたいと思います!

装飾も、凝ろうと思えばいくらでも凝れるので、時間がいくらあっても足りません・・・!専科会員さんもよく「わっ、もうこんな終わりの時間!」とおっしゃってます(´ω`)

お一人の会員さんは翌日のフリータイムにも来られ、作陶されていました。熱意がすごいです(;o;)
残された時間は、めい一杯使って、頑張りましょうね!
次回は削り、講座最終日は釉薬掛けの予定です☆

 

DSC_0005

↑今週の成果です!!

 

陶芸専科会員コース☆詳しくはこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/senka.html

 

2016.8.21 大阪梅田教室 ★春期★陶芸専科会員コース 第15回目レポート
公開日: 2016年9月13日 火曜日

こんにちは!陶芸専科コース担当スタッフ村上です。

陶芸専科コース第15回目のレポートをお送りいたします(^∇^)☆

さて、専科コースも残すところあと3回!あっという間に半年が過ぎようとしています(>_<)

専科コースでは、半年の集大成としてカフェのギャラリーで修了制作展を開催します。

そろそろ修了制作展の作品作りのことも考えなければいけなくなり、何を作るか聞いてみたところ

酒器セットや大鉢などというお声が。

そこで、カリキュラムでやった大鉢より大きな鉢の作り方なども今日はお伝えしました。

亀板と呼ばれる板を使い大物を作ることがあるのですが、通常ロクロに直接大きな作品を挽いたら、

歪んでしまうため少し乾燥するまでロクロから外せません。

 

ですが、亀板ごと取り外せば歪まずに作品をロクロから外せ、また違う作品が作れます。

今日は亀板の使い方、セットの仕方も伝授。

 

DSC_0009

2キログラムの土で大鉢の作陶です。初期の頃は2キロの土を練るのも苦労してましたが、

まるまる使って作品を作れるようになったと思うと感慨深いのは私だけでしょうか(  ;∀;)ウレシイ

残すところあと3回、集中していいものが作れるように頑張りましょうね☆

私達スタッフも、しっかりサポート致します!!

 

陶芸専科会員コース☆詳しくはこちらをご覧ください↓

http://yukobo.co.jp/senka.html