お客様の声&体験レポート

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > お客様エピソード > 陶芸専科会員コース
後期★陶芸専科会員コース 第17回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年4月7日 金曜日

こんにちは!陶芸専科担当の永冨です(^^)

半年間続いた専科の授業もついに終わりましたー!!

長いようで短い、けど密度の濃い時間だったように思います。

陶芸専科コースの最終日は作品の釉掛け★

 

 

最後の最後まで気は抜けません!

この形にはどのような釉薬をどのように掛けたらいいのだろう、と試行錯誤されていました。

 

同じ釉薬の色であっても、掛け方一つでガラッと雰囲気が違ってきます。

こだわりを持つことはとても大切ですね♪

 

釉掛けが終わり・・・、最後は専科さんとスタッフでお茶会★

半年間どうだった~、こんな技術が身についた~などお話され、専科さん同士お互いの作品について意見を言い合ったり・・・。

とてもチームワークの良い専科さん達でしたので、楽しく意見を言い合って作業されている光景ばかりが思い出されます(^^)

 

 

 

 

半年間お疲れ様でした!!   2017年3月19日

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

第5回 専科陶芸入門コースレポート「削りぐるぐる!つるりと形がこんにちは♪」☆2017.3.19in名古屋栄教室
公開日: 2017年3月28日 火曜日

こんにちは、名古屋栄教室のオリバーです☆

2月からはじまりました、名古屋栄教室での陶芸専科入門コースもあと半分となりました!Σ(゚Д゚  )

 

と、いうわけで。

さあ、そろそろ追い込みの時期ですね。

今回のコースが終了したときに行う「終了展」に向けて、

ここから更に少しずつレベルアップをねらいます☆

今日の授業は。。。?

 

 

ズバリ「削り」です!

 

大学で陶芸を専門にやっていながら

「人よりも作業が遅いことがなやみなんです・・・」

と言っていたMさん。

今日はたくさん器を削りました!

しかし。

 

 

こちらは前回削ったにも関わらず、S字に割れてしまった器の底。

ロクロでつくるときに土がしっかり締まっていなかったのが原因で、こんなふうになることがあります。

この時ばかりは、、、残念ながら、、、。悲しいですね(;_;)

 

だけど、やっぱり数をこなさなくては上達できません。

なのでガンガン削って、こんなに蕎麦猪口ができました☆

 

 

サイズもいいかんじです♪

 

そして、蕎麦猪口だけではなく、お茶碗の削りにはいりました!

トントンと、器を中心にあわせて。。。

 

 

ここから。。。

 

 

形を削りだします!

 

 

なんと、今日は1つ削るのに、今までと比べると15分も早くなりました☆スゴイ!!

これもMさんの努力のたまものです。

次回、焼きあがっているのが楽しみですね(*´▽`*)

うまくやけますよーに!!

 

次回は4月☆お楽しみに♪

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

第4回 専科陶芸入門コースレポート「初めてコテでお茶碗にトライ!」 in名古屋栄教室 ☆2017.3.12
公開日: 2017年3月22日 水曜日

今日は名古屋ウィメンズマラソン!

完走してから陶芸にこられるパワフルな方が多い、そんな日。

陶芸専科さんも土に向かってスタートです(>_<)

 

そばちょこ成形を終えて、

本日から「おちゃわん」にはいりました☆

 

 

ででーん!

こちらはコテと呼ばれる木でできた道具。

同じ形を量産するのに便利で、

京都のやきものはこのコテをつかって成形することが多いんです。

あてる角度が重要なので、

ロクロの回転にもっていかれないように気を付けて!

 

 

慣れるまでが大変ですが、練習あるのみ(>_<)っっ

次回もMさんの挑戦はつづく。

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

 

後期★陶芸専科会員コース 第16回目レポート 大阪梅田教室
公開日: 2017年3月19日 日曜日

こんにちは。陶芸専科コース担当のスタッフ翁長です。

本日は第16回目の様子を紹介致します。

 

第16回目の今日は卒業制作に向けての成形の日!

残りあと3回なので、本日で成形 → 次回削り → 最終日施釉 とちょっとハードスケジュールです。

 

 

ともちゃんは何やら丸いものを作ってますね~(^^)

(まだ余裕です。笑)

 

 

けいちゃんはお鉢でしょうか。

後ろに同じ大きさの器が並んでますね☆

 

「同じ大きさ」そして「量産」は電動ロクロの特徴です。

 

 

さて、いろんなパーツも出来上がって来ました☆

 

次回は削りです。専科生たちはどんな卒業制作を作るのでしょうか。

楽しみです。

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html

第3回 専科陶芸入門コースレポート☆ 「器の装飾イロイロ☆削りでグルグル」☆2017.2.19 in名古屋栄教室
公開日: 2017年3月9日 木曜日

こんにちは(*^^*)

名古屋栄教室のスタッフ、オリバーです♪

 

本日は、陶芸専科入門コースの日☆

今日の座学は「いろいろな装飾技法」でした(*’▽’)

器の印象は、装飾でもおおきく変わりますよね。

装飾方法やデザインで作品の表情がかわるので、

とってもワクワクな内容でした☆

どれどれ、どんな装飾が。。。?

 

 

こちらは定番、「絵付け」です☆

なかでもこの色の絵の具をつかって描くのは「そめつけ」といわれていますね♪

 

 

黒化粧(左)と釘彫り(右)

 

 

刷毛目(左)と、しのぎ(右)

植木鉢にしてもかわいいデザイン☆

 

これだけ色々あると、迷っちゃう(>_<)

どんな装飾にしようか、考えながらの初削りです!

 

 

ぐるぐる、ぐるぐる・・・・ うわぁ、器が真ん中におけないよー(;´д`)

「中心あわせるの、苦手なんです」

と、Mさん。

大丈夫!なんどもやっているうちに出来るようになります!

くり返すうちに、、

ほら!

 

 

中心にあわせるの、はやくなってます♪

あとは置いたときに安定するように削っていきましょう☆彡

これはひたすら練習あるのみ(≧◇≦)

次回もよろしくお願いしまーす!

 

陶芸専科会員コースの詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/senka.html