やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 穴窯

穴窯

2018春☆穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」in大阪南堀江教室
公開日: 2018年4月6日 金曜日

こんにちは!
ゆう工房南堀江教室担当陶芸講師の杉山です(^-^)

先日南堀江教室で開講いたしました、穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」の様子をレポート致します。

会員の皆様が普段何気なく使用されている”釉薬”。

「色」ととらえたり、「ガラスの膜」ととらえたり、「コーティング剤」ととらえたり、いろいろな見方をされている”釉薬”。

いったいどうやってできていてどんなもの?という疑問にお答えしながら、

昔からある原始的な調合にチャレンジして釉薬作りを体験する講座でした。

今回の講座でスポットを当てたのは丹波焼の赤土部釉です。
釉薬と言っても水留の為に使用されていた土に近い釉薬で…と知識と調合方法を学んで、初めての釉薬調合にレッツチャレンジです!

今回は赤土部釉なので鉄分の多い土を原料にしています。
まずは土を砕くところからスタート!
粉塵が沢山出るので皆さんマスク姿に変身!

 

 

叩いたり、すりつぶしたり、ゴーゴーと乳鉢乳棒の間で粉になる土の声が教室全体に響きました。
穴窯の燃料である薪で出来た木灰を加え調合していきます。

 

 

調合比によって釉薬の様子も変わってくるので、お気に入りの釉相を狙って灰の量とお水の量を調整します。

いい具合になったら筆にたっぷり釉薬を含ませのせるようにゆっくりとテストピースに釉薬をのせます。

 

 

オリジナル釉薬への第一歩を踏み出した皆さん、奥深い釉薬の世界に魅了されているご様子でした。

ご受講頂きありがとうございました。

 

 

講座参加者さんだけの特別釉薬、ぜひご自分の作品に掛けて、渋カッコイイ作品作りに活かしてくださいね(^^♪

 

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

2018春☆穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」in名古屋栄教室
公開日: 2018年4月6日 金曜日

こんにちは!

ゆう工房名古屋栄教室のオリバーです(・∀・)

今回は3/25に行われたイベント、穴窯釉薬講座「赤5土と灰で赤土部釉をつくろう!」の様子を

みなさんにお伝えしたいと思います☆

 

本格陶芸ができるゆう工房の特色として、春と秋の年に二回、

電気窯ではない薪をつかった窯で作品が焼成できるイベントがあるのをご存知でしょうか?

 

普段教室に通われている会員さんも

実際に山の中で薪を投げ入れることができる、特別な陶芸体験。

「穴窯」とよばれる薪を投げ入れて焼く原始的な窯は、

自然の力を借りて焼くので色味も深く、一風ちがったあじわいのある作品が焼き上がるんです( *´艸`)

 

 

そんな穴窯焼成イベントにあわせて開催されるのが穴窯講座☆

陶芸の知識がより深められ、個人の知識アップができるもので、

いつもとちがう経験ができるのがポイントです(*^^*)

 

3/25に開催された穴窯講座は

前回に引き続き「釉薬」をテーマにした第二弾の講座でした!

赤5土とよばれる鉄分の多い土に、穴窯焼成ででた薪の灰をまぜてつくる「赤土部釉」が

今回の講座の釉薬です。

もともとは丹波焼の釉薬なんです☆

 

まずは釉薬の基礎知識と、歴史から(^^)

普段の授業ではこんなにふかく釉薬について考えることはないので、みなさん興味深々。

 

 

知識とつくりかたを学んで、いざ実践です!

まずは赤5土を砕いていきます(>_<)

 

 

ゴリゴリ…ぐるぐる…なかなか細かくするのも大変です。

調合比によって量る灰の量がかわるので、間違えないように注意しながら灰を量り、

徐々に水を足してさらにぐるぐる混ぜていきます。

 

おおっ 良い感じにとろみがついてきました!

うまくいけばこんな焼き上がりになる今回の釉薬。

こちらはスタッフが講座前にサンプルとして作成したテストですが、渋くてカッコイイ雰囲気。

 

 

上から違う釉薬や絵の具で絵付けもできるので、ご自身のつくった作品装飾の幅が広がりますね!

「勉強になったー!」

「普段とまた違う陶芸が知れてたのしかった!」

と、みなさん楽しそうにされていました☆

 

みなさんの試作した釉薬の焼き上がりが楽しみですね( *´艸`)

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

☆ワークショップレポート☆知ってお得な人気の☆釉薬知識講座☆【釉薬の調合を基礎から学べる入門レッスン】–「穴窯の薪灰+赤5土=赤土部釉」に挑戦☆–in東京銀座教室2018.3.18
公開日: 2018年3月26日 月曜日

こんにちは!

東京銀座教室担当スタッフ はざまです^^

 

先日、青山教室と合同で「釉薬調合ワークショップ」が開催されました◎

作陶台にずらりと並ぶ釉薬調合道具と、会員さんたちです。(@u@)

たくさんのご参加を頂き、本当に、ありがとうございます!^^*

 

 

座学のあとの実習の様子です。乾燥した含鉄土石を砕きながら粉状にすりつぶしていきます。

乳鉢と乳棒という調合道具を使い、みなさん一生懸命ゴマすり…いえ、釉薬すりを行って頂きました(^艸^)

 

 

すり合わせた粉末は、調合比率を決めたらきっちり計量していきます。

 

 

テストピースに塗り分け、「釉上彩」も体験。釉薬で「絵を描く」というのは、

教室でもほとんどしたことがなかったかと思います。本来は「掛ける」ものですものね。

ぐい吞みの素焼き作品を用意してきてくださった会員さんもいらっしゃいました。

早速、調合した赤土部釉を掛けて下さいましたよ*

 

 

アレンジバージョンの釉上彩テストピースも沢山生まれました♪

 

 

釉薬の3元素の説明には、どうお伝えするべきか、講座の始まるギリギリまで考えておりました。

ワークショップをしてみると、もっと具体的な図式や、教室の釉薬も参考に、時間をかけてご説明していきたい内容だなと感じました。

実は私は釉薬の勉強が苦手だったのもあり、会員さんが仰っていた「イメージがつかめない」という感覚がとてもよくわかりました。

でも、一度わかると簡単で、もっと釉薬調合をしてみたくなるので、

本当に陶芸は、底なしに興味が湧いてくる世界だなと思い知らされます。◎

 

小さい乳鉢で頑張って下さった会員さんや、ペアでない会員さんのお手伝いまでして下さった会員さんも、

皆さん、お疲れ様でした…!!

これからも、陶芸が楽しくなる講座を考え、ご用意して参ります*

またのご参加、宜しくお願い致します!m(__)m

 

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

☆ワークショップレポート☆知ってお得な人気の☆釉薬知識講座☆【釉薬の調合を基礎から学べる入門レッスン】–「穴窯の薪灰+赤5土=赤土部釉」に挑戦☆–in大阪梅田教室2018.3.11
公開日: 2018年3月17日 土曜日

こんにちは!大阪梅田教室スタッフの田村です。

先日、大阪梅田教室で開催されました穴窯巡回講座

【釉薬の調合を基礎から学べる入門レッスン】
–「穴窯の薪灰+赤5土=赤土部釉」に挑戦☆–

の様子をご紹介致します。

 

今回の講座では、穴窯焼成で生まれた薪灰と、

教室で使っている土の中でも特に鉄分を多く含む赤5土の二つの材料から出来上がる素朴な調合で原始の赤土部釉作りに挑戦しました!

 

 

釉薬とは、何からできているのか、どのような役割を持つのか、などの釉薬の基礎知識についてのお話☆

今回挑戦した赤土部釉の発祥の地である丹波立杭焼のお話、

含鉄土石類を使用した古典的な釉薬についてのお話など座学講座を行いました。

 

 

今回の講座にご参加頂いたのは全13名の会員様とビジターのお客様。

ゆう工房では二回目になる釉薬講座、リピーターの方も大勢いらっしゃいました!

座学のあとは実際に材料を粉砕、軽量して、調合実習をおこないました♪

穴窯の薪灰と赤5土を使った原始的な釉薬づくり。

2人1組でチームを組み、重さを計量し、乳鉢で灰と赤5土を混ぜ合わせます。

 

 

今回テストピースに掛けた釉薬は二重掛けや絵付けなどで応用できるのが魅力の釉薬です。

自分だけのサンプルを作って作品作りに活かして頂ければと思います☆

 

制作したお持ち帰りの釉薬は普段の授業で自作の器に釉掛できます☆年に2回の穴窯焼成への出品も可能です。

 

講座初参加・穴窯出品未経験の方もしっかりと資料で説明を行いますので

安心してご参加頂けます!

 

 

最後に記念撮影★

焼きあがりを楽しみにお待ちください。

ご参加頂きありがとうございました!!

 

 

★各教室に巡回する釉薬講座のワークショップ日程はこちらです★

▼枚方教室

3月17日(土)17:00ー19:00

▼銀座教室

3月18日(日)17:00ー19:00

▼南堀江教室

3月25日(日)17:00ー19:00

▼福岡天神教室

3月25日(日)17:00ー19:00

▼名古屋栄教室

3月25日(日)17:00ー19:00

※受付は16:45-開始しております☆※

 

 

●受講費●

【講座系】
会員様  3240円(税込)
非会員様 4320円(税込)

 

 

お申込は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/88338/

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

春の大イベント!第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆イベントのお知らせ☆
公開日: 2018年1月17日 水曜日

こんにちは、陶芸スタッフ穴窯担当の田村です。

まだまだ肌寒い今日この頃ですが、今年も春の穴窯焼成の季節が近づいて参りました。

毎年恒例のゆう工房一大イベント” 第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー “のお知らせです(^^)/

大阪府能勢町にあるゆう工房の穴窯。

自然豊かな窯場で非日常を体験☆新しいコトを学べるチャンスです。

 

 

穴窯とは薪で焚く陶芸窯です。たくさんの作品を詰めた窯を1000度を超える温度帯で焚いていきます。

穴窯についての詳細はコチラからご覧ください↓↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

穴窯焼成は、火を絶やさず焼き続ける原始的な焼成の為、たくさんの薪を使います。

スタッフや会員さんで交代で火の番をしたり、チェーンソーでの薪割り体験などができますよ☆

 

長い時間をかけ、炎に包まれて焼きあがった作品は、電気窯では出ない深みのある色合いと力強さを合わせ持った作品になります。

 

全教室の会員さんが参加できる合同のイベントです。ゆう工房のスタッフと一緒に作品を焼き上げましょう!

ものづくりを通じて仲間の輪も広がると素敵ですね♪

▼場所

大阪府能勢町 ゆう工房 穴窯窯場

 

▼受講料

会員様:2,700円(税込)(内 保険料540円)

非会員様:4,320円(税込)(内 保険料1,080円)※非会員様のご参加は会員さんのご家族又はご友人に限ります。

 

・1ブース参加ごとに受講料がかかって参ります。

・ご予約時に受講料をお支払い下さいませ。

・ご予約後3日前を過ぎますと、キャンセルが受講料の半額かかります。

・当日キャンセルは受講料の100%がキャンセル料として掛かりますので、ご注意下さい。

・雨天の場合、延期の可能性がございます。

 

●交通費●(片道)
今回より窯場への送迎方法が変更しております。ゆう工房の車による送迎はおこなっておりませんのでご了承のほど宜しくお願い致します。
【ご利用して頂くバス】
阪急バス
妙見口駅⇔奥山内駅 550円

 

▼申込方法

下記お申し込みボタンからお申込みください。又は各教室窓口、お電話でも受け付けています。

 

▼【窯詰め】

日時:2018年4月15日(日)8:50〜17:35

定員:10名

event_moushikomi

▼【焼成1ブース☆初心者さんおすすめブース☆】

日時:2018年4月17日(火)20:40〜翌朝7:50

定員:10名

event_moushikomi

▼【焼成2ブース☆穴窯イベントに一度参加したことのある方☆経験者さんブース☆】

日時:2018年4月18日(水)7:50〜17:00

定員:10名

event_moushikomi

▼【窯出し】

日時:2018年4月29日(日)8:50〜17:35

定員:10名

event_moushikomi

 

自分の作った作品を穴窯で焼成する貴重な体験をしませんか♪

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

過去のイベントレポートはコチラからご覧頂けます☆

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/past_event/