やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 穴窯

穴窯

2017.11.1☆第26回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆窯詰めイベントレポート☆自然豊かな能勢の穴窯
公開日: 2017年11月14日 火曜日

 

こんにちは、梅田教室穴窯担当スタッフの田村です。

今回は11/1に行われた第26回穴窯焼成イベントの窯詰めブースの様子をご紹介いたします!

 

天気は雲ひとつない晴れ模様でした!

先日、10/13に行われたスタッフのみでの窯詰めのときと比べて、

能勢は山も紅葉できれいに色づき、窯の前の小川ではススキがゆらゆらと揺れていました。

早朝のひんやりとした空気や、さわやかな風に季節の移り変わりを感じます。

 

 

さて、今回窯詰めイベントに参加してくださったのは梅田教室のベテラン会員さんです。

今回焼成イベントにも参加され、今までも穴窯イベントに数え切れないほど参加していらっしゃる会員さんです☆

穴窯の魅力は煙突から上がる火柱を見る瞬間、やはり薪をくべる焼成中が1番の魅力と感じてくださっているそうです。

 

 

窯詰めブースではご自身の作品を自分の手でつめることができるので、焼き上がりも想像しながらつめていきます!

窯の中での作品の場所によって、炎の走りや灰のかぶりも変化します。

作品が窯のどの場所にどの向きで入っていたのかが分かれば熱々の窯の中で焼き上げられていく作品の姿も想像できますね。

 

小さな窯の中に入って、作品を一つ一つ詰めていきます。

奥の作品に炎が当たるよう、背の高いものから順に並べていきます。

 

窯詰めイベントでは薪きりもおこないます!

 

大切な作品を素敵に焼き上げるための燃料になる薪です。窯の中の温度を1200度以上の高温にするにはとても沢山の薪が必要です。

焚口の奥行きにあわせてチェーンソーを使って切り出していきます♪

 

 

肌寒かった朝がうその様に、薪きりをはじめると体もぽかぽか温まってきます!

そよ風がとても気持ちよかったです。

 

 

最後は焼成中に熱が逃げないよう、目地土とレンガで窯に蓋をしました。

 

 

かっこよく焼きあがりますようにと願いをこめて皆様の力作が沢山詰まった窯を後にしました。

日も沈みすっかり暗くなった窯の前で一枚☆

 

 

11/3におこなわれた焼成イベントのレポートも引き続き更新致しますのでお楽しみにお待ちください!

 

 

穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

 

2017.10.13☆第26回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆スタッフ窯詰め☆自然豊かな能勢の穴窯
公開日: 2017年10月20日 金曜日

こんにちは。大阪梅田教室穴窯担当スタッフの田村です。

毎年二回の大きなそして大切な行事☆

今年は最後になります、第26回能勢穴窯焼成体験が近づいて参りました!

 

来る10月22日に行われる窯詰めイベントに向けて、

皆様より一足先にスタッフで窯詰めと焼成の準備を行って参りましたので、その様子をご紹介させて頂きます。

 

今回は、ゆう工房主宰のゆう先生をはじめ、スタッフはわっきー先生、くま先生、おかちゃん先生、私、の5名で能勢へ向かいました!

11月3日の焼成で窯にくべる薪を切る作業と、全国7教室から集まった力作たちの、窯詰め作業をおこないました☆

 

薪きり担当と窯詰め担当に分かれて作業を開始、長い薪をチェーンソーでカットしていきます!

初心者の方でも始めにしっかり扱い方をお伝え致しますので安心して作業して頂けます。

 

 

午前中はくま先生と私で薪切を担当しました!

二束ある薪を切り終えるのを目標に焚口の奥行に合わせて薪を切っていきます。

一回の焼成にも、とってもたくさんの薪が必要です。

 

窯詰めは正面の大きい焼成室〝本間〟と、一番後ろの小さな焼成室〝一の間〟の二手に分かれて窯詰め作業を行います。

 

 

炎の当たり具合なども考慮しながら詰めていきます。

窯の中に入って棚板に作品を並べていく係と、次に詰める作品を窯の外から手渡す係、ここでも二手に分かれて協力して作業をすすめます!

次に詰めたい作品の大きさや形状などの指示を聞き、沢山の作品の中から指示に合った作品を選びます。

チームワークが大切になる作業なので、初対面の方同士も自然と仲良くなれる事と思います♪

 

 

焼成後はどのように変化しているのか、焼き上がりもますます楽しみですね!

薪切りも自然に囲まれ体を動かしていると体もぽかぽか♪とてもいい汗をかきました!

 

どのように作品が詰められているのか実際に見て、窯の中に入れる貴重な体験が出来るの窯詰め・窯出しブース、

窯の中は秘密基地の様でわくわくします。

焼成・窯出しと随時ブログを更新していきますのでみなさん楽しみにしていてください!

 

穴窯焼成の詳細はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

☆ワークショップレポート☆釉薬の調合を基礎から学べる入門講座~穴窯の薪灰を使った楽しい実習★「やきもの」の魅力に迫る~大阪堀江教室 2017.9.24
公開日: 2017年10月3日 火曜日

こんにちは!大阪南堀江教室担当の杉山です(‘ω’)ノ

先日開催しました

「釉薬の調合を基礎から学べる入門講座~穴窯の薪灰を使った楽しい実習★「やきもの」の魅力に迫る~」の様子をご紹介いたします。

釉薬って何?、何でできているの?などの素朴な疑問から奥深い釉薬の世界にいざなうこの講座、さて何人の方が釉薬の魅力に引き込まれたでしょう。

 

こちらがイベントの様子です↓↓

 

 

岡ちゃん先生の分かりやすい紙芝居付きの座学から、びしっと講座スタートです!

へーなるほどっ!と難しい釉薬の仕組みを楽しく学んだあとは早速調合開始のゴングが鳴りました。
カーン!!!

 

 

皆さん思い思いの調合を表を見ながらまずは計算…

分量を正確に測ったら…

乳鉢で擦りながらしっかり混ぜます。

 

 

混ぜて…混ぜて…
なんだか楽しそうですね( *´艸`)

 

 

中には釉薬の三角座標を真剣に見つめてこれもあれもしてみたいとウキウキされている会員さんの姿もありました。

 

 

調合をいろいろ試してみたいからとお隣さんと何やら相談する姿も…

 

 

そうしてできた完全オリジナル釉薬を、器に塗るように施釉して講座終了です。

 

カンカンカーン!!

穴窯焼成時に出た天然の灰と長石を使った完全にオリジナルの釉薬が完成!
なんといっても大阪能勢産の掘りたて赤土を使った器に施釉できるのもこの講座の目玉でした。
ゆう工房穴窯での焼成も本当に楽しみですね。
焼き上がりまでスタッフもわくわくが止まりません。

 

 

皆さんの笑顔で素敵な講座になりました。ご参加いただきありがとうございました。

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

釉薬の調合を基礎から学べる入門講座~穴窯の薪灰を使った楽しい実習★「やきもの」の魅力に迫る~2017年9月9日(土)大阪梅田教室
公開日: 2017年9月19日 火曜日

こんにちは!大阪梅田教室スタッフの脇です(^^)/

先日、大阪梅田教室で開催されました

『釉薬の調合を基礎から学べる入門講座♦~穴窯の薪灰を使った楽しい実習「やきもの」の魅力に迫る~』イベントの様子をご紹介致します♪

 

 

今回の講座でご参加頂いたのは全10名の会員様。釉薬の講座は初めてですね!とみなさん楽しみにして下さっていました。

テーマは釉薬。という事で。。。   釉薬は一体、なにからできているのか。というお話からスタート。

その後釉薬の3元素や調合の際のめやすとなる三角座標などについても学んで頂きました☆

 

 

その後は実際に釉薬の調合に挑戦!穴窯の薪灰と長石を使った原始的な釉薬づくり。

2人1組でチームを組み、灰、長石それぞれ調合比を変えて制作して頂きました(*’ω’*)

粉を吸うと良くないのでマスク着用での作業です☆

 

 

THE釉薬研究チーム。

重さを計量し、乳鉢で灰と長石を混ぜ合わせます。

 

 

最後にテストピースを作成。各々の調合比の釉薬を掛けて頂きました。

 

 

最後にテストピースとともに。。。★

焼き上がりまで楽しみにお待ちくださいね(^_-)-☆

ご参加頂きありがとうございました!!

 

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/

 

 

 

知識アップ穴窯講座☆「自分だけの陶芸道具をつくろう!」東京銀座教室☆2017.06.25
公開日: 2017年7月8日 土曜日

こんにちは!

東京銀座教室 担当スタッフ はざまです^^

 

6/25(日)に、銀座教室にて、穴窯知識講座が開催されました* その様子をお伝えいたします^^

今回の講座は、「コテ作り」です!

 

器を成形する際に使う”木ゴテ”。

湯呑用、鉢用、お猪口用、、、陶芸を極めるなら、作る器の形に合わせて各種揃えておきたい道具です。◎

既製品のコテでは、なかなか思い通りに成形できない部分も、今回の講座で、自分専用に形を変えられます!

今回は、そんな本格派な会員さん、8名様がご参加下さいました~^^*

 

 

まず、大小さまざま木材から、座学を踏まえ、より理想に近い素材を選びました(゜ν゜)

 

 

 

やすり出しスタートです◎ 木工教室のようで、わくわくしますね!!

 

 

小さなコテを糸ノコギリで切り出して、端材からもう一つコテを制作された会員さんもいらっしゃいました◎

 

 

中指にあたる部分をやすり落とし、カスタマイズする会員さんも♪♪

力を入れて使う道具「コテ」、、、確かに、グリップ感にはこだわりたいところですよね。

 

最後は、紙やすりで仕上げれば・・・。

 

 

皆さんのMYコテ・MYヘラの完成です~(^^♪

コテの稜線が波打たないように削り込んでいくというのは、思ったより難しかったようで、、。

削りすぎてへこんでしまった部分がなくなるまで、さらにやすり込んだりも。。

皆さん、削り作業1時間ちょっとで、頑張って下さいました~(;´∀`)

 

最後は出来上がったコテで、カンパーイ!?!?

 

 

やすり作業でお疲れのところかとは思いましたが…^^

集合写真も、ありがとうございました☆彡

 

秋の穴窯の制作は夏の終わりころには始まりますよ~!

MY道具で準備万端!!金賞狙って張り切って作陶しましょう!!

 

ご参加ありがとうございました◎◎

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/