やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 過去のワークショップ&パーティレポート > 2017.11.1☆第26回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆窯詰めイベントレポート☆自然豊かな能勢の穴窯

2017.11.1☆第26回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆窯詰めイベントレポート☆自然豊かな能勢の穴窯

公開日: 2017年11月14日

 

こんにちは、梅田教室穴窯担当スタッフの田村です。

今回は11/1に行われた第26回穴窯焼成イベントの窯詰めブースの様子をご紹介いたします!

 

天気は雲ひとつない晴れ模様でした!

先日、10/13に行われたスタッフのみでの窯詰めのときと比べて、

能勢は山も紅葉できれいに色づき、窯の前の小川ではススキがゆらゆらと揺れていました。

早朝のひんやりとした空気や、さわやかな風に季節の移り変わりを感じます。

 

 

さて、今回窯詰めイベントに参加してくださったのは梅田教室のベテラン会員さんです。

今回焼成イベントにも参加され、今までも穴窯イベントに数え切れないほど参加していらっしゃる会員さんです☆

穴窯の魅力は煙突から上がる火柱を見る瞬間、やはり薪をくべる焼成中が1番の魅力と感じてくださっているそうです。

 

 

窯詰めブースではご自身の作品を自分の手でつめることができるので、焼き上がりも想像しながらつめていきます!

窯の中での作品の場所によって、炎の走りや灰のかぶりも変化します。

作品が窯のどの場所にどの向きで入っていたのかが分かれば熱々の窯の中で焼き上げられていく作品の姿も想像できますね。

 

小さな窯の中に入って、作品を一つ一つ詰めていきます。

奥の作品に炎が当たるよう、背の高いものから順に並べていきます。

 

窯詰めイベントでは薪きりもおこないます!

 

大切な作品を素敵に焼き上げるための燃料になる薪です。窯の中の温度を1200度以上の高温にするにはとても沢山の薪が必要です。

焚口の奥行きにあわせてチェーンソーを使って切り出していきます♪

 

 

肌寒かった朝がうその様に、薪きりをはじめると体もぽかぽか温まってきます!

そよ風がとても気持ちよかったです。

 

 

最後は焼成中に熱が逃げないよう、目地土とレンガで窯に蓋をしました。

 

 

かっこよく焼きあがりますようにと願いをこめて皆様の力作が沢山詰まった窯を後にしました。

日も沈みすっかり暗くなった窯の前で一枚☆

 

 

11/3におこなわれた焼成イベントのレポートも引き続き更新致しますのでお楽しみにお待ちください!

 

 

穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/