やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 過去のワークショップ&パーティレポート > ☆第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆焼成1日目☆イベントレポート 2018.4.17

☆第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆焼成1日目☆イベントレポート 2018.4.17

公開日: 2018年6月8日

こんにちは。

ゆう工房梅田教室新人スタッフの佐藤です!

本日は4/17に行われた穴窯焼成1日目の様子をお伝えします。

夕方、電車とバスを乗り継ぎ1時間ほどかけて能勢の窯場まで向かいます。

生憎の雨の中始まった焼成ですがみなさんやる気満々で集合しました!

朝早くからゆうさんが火入れを行ってくださり、開始時の温度は1150度!

これから朝にかけてじわじわと温度を上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の目標は温度を下げずに保つこと!

一見簡単なような作業ですが、温度計から目が離せず下がったらすぐに追加の薪を投入…

薪の投入口はフタも熱で赤くなるほどの高温なので、手袋二重で防護面、エプロンを着用の万全の格好です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタを慎重に開けると…すぐ目の前に赤い炎が見えます!防具をしていても凄い熱気を感じました。

窯は素早く薪を投入し蓋を閉めないと温度が急激に下がってしまうので、2人ペアでテンポよく薪をくべていきます。

何度も何度も作業をしていくうちに、息の合った投入が出来るようになりました!

奥へ投げすぎず、手前過ぎずの絶妙な場所に落とすのは至難の技でしたが、皆さん上手に投入して下さいました。

 

 

“攻め入り”の作業では煙突から火柱が上がる程に焚き込みます!

みんなで薪をくべたら煙突の確認…という作業を行いながら、火柱が上がる状態を維持しています。

午前4時頃になると窯の温度は1178度程まで温度が上がりました。

 

朝方、明るくなっていく空と火柱のコントラストがとても綺麗で、眠いながらも清々しい朝を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一晩で、用意していた山のような薪をほとんどくべてしまったので、薪切りも行い2ブース目に備えます!

この頃には雨も止み、日も出てきました。

引き続き窯は焚き続けますが、2ブース目の方達にバトンタッチして1ブース目のメンバーは解散になります。

夜通しという大変な作業でしたが、終わるころには皆さん打ち解けており、私自身とても貴重な体験をさせていただきました!

本当にお疲れさまでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事では2日目のレポートもアップしますのでお楽しみに!

穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

 

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン