やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 過去のワークショップ&パーティレポート > ☆第29回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆焼成一日目☆イベントレポート 2019.4.17

☆第29回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆焼成一日目☆イベントレポート 2019.4.17

公開日: 2019年4月19日

こんにちは!ゆう工房梅田教室新人スタッフの菊地・萩野谷です! 

本日は4月17日に行われた穴窯焼成一日目の★新人スタッフ初参加リポート★をお伝えします!

 

夕方、電車とバスを乗り継ぎ、夜道を歩いて能勢の窯場まで向かいます。

カエルの鳴き声が響いて、雲間から月がきれいに見えていました。

初めての穴窯焼成に、ドキドキする気持ちを抑えられず、道を急ぎます。

 

 

朝早くからゆうさんが火入れを行ってくださり、窯に近づくだけでも熱気が伝わってきます!

会員さんが窯を開けてくださり、初めて炎のうねる窯を覗く私たちは

顔に熱風を受けながら、器たちが窯の中で真っ白に光る様を見て胸が熱くなりました!

 

 

燠をあまり残さないこと、ふたの開け閉めを素早くして熱気を逃さないことなど

窯を焚くにあたって大切なことをゆうさんから教えていただきます。

またフタを開けて薪を投げ入れる息の合った仕事を

何度も穴窯焼成に参加して下さっている会員さんと南堀江教室陶芸講師の今村先輩に

実際に見せていただき、素早く薪を投入するアドバイスを頂きました。

 

 

私たちも恐る恐る薪を投入するものの、最初は炎に押されて腰がひけていました。

それでも薪を投入することは不思議と魅力的で、

「炎はずっと見ていられるね」とみんなで夜の穴窯をしみじみと味わい、

とても貴重な体験をさせていただきました。

 

 

ベテラン会員さんが的確に薪投入のタイミングを教えてくださり、

温度は徐々に上がり、深夜2時40分、ついに1200度を超えることができました!

 

 

1180度から1220度を行ったり来たりさせながら、

温度を上げすぎないように薪投入のタイミングを調整します。

夜が明け初め、カエルに代わって鳥たちが鳴き始めました。

明け方の空と煙突の炎の色合いがとても美しかったです!

 

 

8時前に無事、二日目のメンバーとバトンタッチすることができました。

これから焚いて下さる薪の前で集合写真!

達成感があり、朝日がとてもまぶしく感じました!

 

 

夜の穴窯では、炎の力を借りて、和やかでありながら

真剣に窯と向き合う、貴重な時間を過ごすことができました。

 

 

次の記事では2日目のレポートもアップしますのでお楽しみに!

 

穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン