やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京青山教室 > 「張り合わせタタラ皿☆モダンな模様を陶器らしい色合いで」東京青山教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月1週目

「張り合わせタタラ皿☆モダンな模様を陶器らしい色合いで」東京青山教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月1週目

公開日: 2019年8月4日

こんにちは!

東京青山教室スタッフの郡司です。

 

 

ゆう工房歴4年半のアヤコさんの作品です。

南蛮土と美濃白土を交互に重ねてスライスして作ったタタラ皿です。

 

 

タタラを重ねて作っているので、土同士がよく接着されないと、乾燥中や焼成中に割れてきてしまいます。

1枚1枚重ねる際に傷をつけてドべを付けて馴染ませているのですが、

アヤコさんはその際に茶化粧をドべとして使用しました。

そのため、ストライプ同士の境目が濃くなり、ストライプの模様が強調されています。

 

 

単色で作ったたたら板の上に化粧や釉薬で装飾してストライプを作ることもできるのですが、

張り合わせで作った場合、釉薬をかけられない部分もきれいなストライプになるのが特徴です。

施釉している部分と土味の部分では、同じ土でも発色が異なり、

2パターンのストライプ模様が楽しめるのが素敵ですね!

 

 

タタラづくりなので、1度に何枚もの作品を制作することが可能です。

アヤコさんも型に打ち込んで楕円のお鉢も制作され、切れ端で箸置きも制作されました。

食卓に並ぶのが楽しみですね!

 

土:南蛮土、美濃白土

釉薬:天龍寺青磁、茶マット

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン