cafeゆうの空間

  1. ゆう工房トップページ
  2. cafeゆうの空間

cafeゆうの空間

~何時間でも居たくなるさりげない山里飾り~

 

心地よい、古いピアノ曲が静かに流れる店内、、、。

 

 

木漏れ日が庭の大きな木々から、土間や陶片を照らし明暗をつくっている。

 

 

ひとりで来ている私にとっては居心地よい。

年月を感じる使い込まれたテーブルや家具。

手づくりの渋い陶器もよい。

それらがバランスを保っていて、ことさらの物が無いのがうれしい。

 

会社員が行き交う都会の路地。

ランチタイムでも緊張を隠せないOLさんが過ぎゆきます。

窓絵の様に映る緑のカーテンは都会の喧騒を遮っていて、まるで山里に居るかの気持ちに。

 

 

このお店に来ると何かの気がかりが薄れるのはありがたい。

手づくりの土味溢れる陶器とコク深い一杯のコーヒー。

重たい気持ちが遠ざかり、次にすることへ、気分を向けることができる。

 

どのお客様にも自然な振る舞いで問いかけ、話をしてくれるcafeゆうの店員さん。

なごみの空間とは、「人」と、「モノ」が作ってくれる。

 

 

私のcafeゆうでのひととき。

今日味わった「コト」は記憶に残り、また、いつか、訪れてみようと思う。

 

 

 

 

 

cafeゆう☆大阪梅田店へのアクセスはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/umeda.html