やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 2017年

2017年

「民藝風赤5タタラ皿」☆東京青山教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 12月1週目
公開日: 2017年12月9日 土曜日

こんにちは。

東京青山教室スタッフの郡司です。

 

 

ゆう工房歴4年のマユコさんの作品。

赤5土で作ったタタラ皿です。

赤5土は収縮率が高く、机に接する面積が多いタタラは引っ張られてゆがんだりヒビが入る危険性があるので、

乾かし方に気を付け、ゆっくり乾燥させて、歪みや切れのない作品になるよう、工夫しました。

 

 

白化粧を使って模様を描いた後に、

水を付けた筆で部分的になぞり、濃淡を強く出し、シンプルな模様ながらに、味わいがあります。

 

 

土味部分には、南蛮土よりも鉄分の多い赤5土ならではの金属っぽい鈍い光沢が出ました。

難しい土ですが、この土味を見ると、挑戦したくなりますね!

いつもこだわりを持って丁寧に作業されるマユコさん。

これからの作品も楽しみです♪

 

土:赤5土

釉薬:松灰釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

☆第26回穴窯受賞会員作品展☆大阪梅田教室☆12/9(土)~12/24(日)
公開日: 2017年12月9日 土曜日

こんにちは☆大阪梅田教室スタッフの脇です(*^^*)

 

★☆★第26回穴窯受賞会員作品展のお知らせです★☆★

大阪梅田教室2階ギャラリーにて2017年12月9日(土)~12月24日(日)の期間中、第26回穴窯受賞会員作品展を開催しております(*’ω’*)

 

 

 

ゆう工房では年2回、穴窯と呼ばれる薪窯を使い、作品を焼成するイベントを行っております。

今回秋の焼成では10月より窯詰め、11月に焼成、窯出しを行いました。

イベントでは薪切りや、窯への薪入れなど、常に窯の温度を見つめながら会員さん、スタッフも一丸となり焼成に取り組みました☆彡

 

 

そして全国7教室から集まりました数ある会員さんの作品の中から選考を重ね、栄えある受賞作品を決定致しました☆

どれも力作ぞろいです。会員さんの制作意欲が作品から伝わってきます。

穴窯ならではのうつわの景色を楽しみながら味わい溢れる作品をお楽しみください。

 

 

 

 

●展示期間●

2017年12月9日(土)~12月24日(日)

 

●開催場所●

ゆう工房大阪梅田教室2階ギャラリー

※入場は」無料です

 

お待ちしております(*^-^

ほの甘メープルのシフォンケーキ♪ cafeゆう福岡天神店
公開日: 2017年12月8日 金曜日

こんにちは! cafeゆう福岡天神店スタッフの松浦です(*・∀・)

12月に入り、街は一気にクリスマス仕様になりましたね☆

 

そんな中、cafeゆう福岡の月替わりシフォンケーキが新しくなりました♪

今月の月替わりシフォンは……メープル味!!

 

 

本場のカナダ産メープルシロップを使用しており、

ほの甘いメープルが口の中をほんわか優しく包んでくれます(っ´ω`c)

後からシロップをかけてご提供しますので、ふわっとする良い香りもお楽しみいただけます♪

 

ふわふわシフォンとあたたかいお飲み物、癒しの空間でまったりのんびりできますよ(✿╹◡╹)

 

 

cafeゆう☆福岡天神店へのアクセスはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/fukuoka/fukuoka.html

 

「まるで葡萄が香る♪キセガラス」☆大阪梅田教室☆ガラス工芸会員さんの名作品紹介 12月1週目
公開日: 2017年12月8日 金曜日

こんにちは。

大阪梅田教室ガラススタッフの中尾です(●^o^●)

 

今週のガラス工芸会員さんの名作品をご紹介致します。

 

 

ゆう工房歴10ヶ月のサイトウさんのサンドブラストの作品です。

葡萄のデザインのキセガラス!

段彫りをうまく使いこなすサイトウさん。

瑞々しさが伝わってきますね。

 

 

段彫りとは、砂をあてる順番や圧量を調整して強弱をつけることにより

平面のデザインを立体に見せることができます。

 

 

少しずつ調整することでこんなにも生き生きとした作品になります。

まるで葡萄が香ってくるようですね(*^_^*)

サイトウさんは、東京でサンドブラストのサロンに長く通われていたのでとても技術のある会員さんです。

 

今はステンドでランプに挑戦中!

今年中の完成を目指しています♪

ステンドグラスのランプと来年を迎えれたらいいですね。

 

ガラス工芸会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_glass.html

「郡司庸久風マグカップ」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 12月1週目
公開日: 2017年12月8日 金曜日

こんにちは!福岡天神教室スタッフの北野です(^^)/

近頃は冬本番の寒さが増してきましたね。

この時期にあったかいコーヒーやココアなんかを飲んでポカポカになるとほっこりします☕

 

そんな時の器がこのように素敵に出来たお手製のマイカップだとさらに心温まりますよね(●´ω`●)

ということで、今回ご紹介する作品はこちら!

 

 

作者さんは会員コースもうすぐ2年目のまさこさんです♪

いつもひとつひとつの工程を丁寧に、装飾や色彩に拘って作られています。

 

 

今回の作品は益子の薪窯で作品を制作されている郡司庸久さんという作家さんの器を参考に

口縁や腰元、取っ手に至るまでデティールを形作られています。

 

 

また、白と黒の釉薬を重ねてかけているため、窯の中で融け合い、宇宙のような深みのある色合いに出来上がりました。

取っ手も持ってみると手になじむ感覚があり、毎日のブレイクタイムがワンランク上がりそうですね(´▽`*)

まだまだ挑戦したい形がたくさんとお話されていたので、今後の作品もとても楽しみです♪

 

土:白土

釉薬:チタン白濁釉+黒マット釉

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html