やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 2017年 > 3月 > 26日

2017年3月26日

新緑が似合うお席のご紹介です!
公開日: 2017年3月26日 日曜日

こんにちは! cafeゆう大阪梅田店のスタッフ石川です!

 

3月も終わりに近づき徐々に暖かな日も増えてきました^^

植物も芽吹きはじめ、外出するのが楽しみになってきますね。

桜の開花ももうすぐでしょうか?

 

cafeゆう大阪梅田店でも木々たちが少しずつ緑の葉っぱをつけ始めています。

カウンター席がとても綺麗だったので、思わずパシャリ!

 

 

 

午前中の柔らかな朝日がお席に差し込んで、とても美しいです^^

当店でも人気の窓際のお席です♪

 

 

ガラス越しに木々たちがキラキラと木漏れ日をこぼす様を見ていると、

とても贅沢な時間を過ごしている気分になれます!

 

これから暖かな日も増えてくると思いますので、

いつもより少し早起きをしてカフェでコーヒーをまったり一杯…

そんな日があっても良いのかもしれません♪

 

 

cafeゆう☆大阪梅田店へのアクセスはこちらです↓

https://yukobo.co.jp/cafeyu/umeda.html

「あやの先生ラスト講座☆備前土でぐい吞みを作ろう!」3月19日☆名古屋栄教室
公開日: 2017年3月26日 日曜日

こんにちは、名古屋栄教室スタッフの安藤です♪

春分の日も過ぎ、すっかり春めいてきましたね🌼

 

本日は、3/19に名古屋栄教室で開催致しました、

「あやの先生ラスト講座☆備前土でぐい吞みを作ろう!」の様子をご紹介致します!

あやの先生は銀座教室で3年間室長として勤めた後、

名古屋栄教室でも3年間室長として、教室を盛り上げ支えてくれました♪

いつもニコニコ笑顔のあやの先生に癒されていた会員さんも多いのではないでしょうか(*^^*)

そんなあやの先生の最後の講座ということで、9名の会員さんにご参加頂きました!

 

 

まずは、あやの先生の座学から♪

備前焼きの特徴から、酒器の形と日本酒の味わいの関係についてを学びました。

みなさん熱心に資料を熟読されています。

口造りが厚い酒器ほど、お酒が舌先に落ちるのでより甘くまろやかに感じられ、

口造りが薄い酒器ほど、お酒が舌の奥に流れるので甘さを控えたシャープな味わいになるそうです。

 

 

一通り座学を終えたあと、いざ制作へ!!

どんな形を作っているかでその人のお酒の趣向も分かってしまいますね✨

 

 

こちらの会員さんは、サインペンの蓋を使って装飾されていました。

何でも道具に出来てしまうのが、陶芸の面白いところですね!

 

 

みなさん、初めての備前の土の感触に手こずりながらも、

高台の削りなど遊び心を持って制作されていました(*^^*)

こちらの作品は穴窯にて焼成します!

どんな焼き上がりになるのか楽しみですね♪

 

講座の後は、あやの先生を囲んでまったりお茶会です☆

 

 

お菓子を食べながら、思い出話しや陶芸についての質問が飛び交いました♪

 

 

最後にあやの先生の挨拶の後、みんなで記念撮影を✨

あやの先生、今までおつかれさまでした!!そして栄教室を支えてくれてありがとうございました♪

これからの栄教室も新たなメンバーで盛り上げて行きますので、どうぞ宜しくお願い致します(*^^*)

 

ご参加頂いた会員の皆様、ありがとうございました!

 

 

今後のワークショップ&イベント情報はこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/