やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 2018年 > 6月 > 8日

2018年6月8日

第27回 春の穴窯 会員作品展 ★東京銀座教室長賞★
公開日: 2018年6月8日 金曜日

こんにちは。

東京銀座教室、担当スタッフはざまです。

 

第27回、春の穴窯の、銀座教室長賞に選ばせていただきました、会員さんの作品をご紹介いたします^^

 

 

「黄瀬戸釉花器」 高さ190㎜ 幅140㎜ 奥行140㎜

土:茜土

釉薬:内 茶マット釉/外 黄瀬戸釉

 

ひときわ大きく、しのぎ模様が目を引くこちらの花器をつくられたのは、

ゆう工房歴3年になりました、マナミさんです。

 

 

しのぎの上部は浅く、下部に行くほど深めに彫られています。

 

 

背面には大きなくぼみがあり、表面と背面のコントラストが、楽しませてくれる作品です。

水挽はほとんどされておらず、ひも造りで土を円形に積んでからくぼみを作り込みました。

その後のお得意のしのぎ作業の手際も良く、土の乾燥と上手に付き合いながらの制作でした。

 

 

もともと陶芸の経験がおありで、穴窯制作にも積極的に取り組んでくださるマナミさんは、

もうすぐご出産で、この夏に一旦教室を離れてしまうんです(;;)

最後の穴窯、、、と、サイズも大きめの、渾身の一品を提出下さいました☆彡

 

想いが詰まった、作品です。

受賞、おめでとうございます!!^^

☆第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆会員さん窯詰め☆イベントレポート 2018.4.15
公開日: 2018年6月8日 金曜日

こんにちは、梅田陶芸スタッフの石原です。

先日4月15日に、会員さんご参加により開催された穴窯の窯詰めイベントをレポートします。

昨晩の雨も上がり晴れて良いお天気になり、お昼からの開催です!!

穴窯の場所は大阪から電車とバスを乗り継いで約2時間の大阪最北部の能勢町になります。

のどかな風景が広がり、顔に当たる風が心地よい、とても癒される気持ちの良い場所です~。

この穴窯では会員さんの作品も詰めて焼成しています!

また、イベントに参加していただくと、窯詰めの仕組みや、どんなふうに焼くのか、焼けるのかなどが学べます。

これは穴窯の写真です。この中に作品が詰められていくんですよ!

 

 

穴窯の中に組まれた棚板の上に、本間(火前や後ろの棚)、一の間と場所にあった作品を置いていきます。

灰が多く被って欲しいものや釉薬がよく融けて欲しいものは火前、

反対に灰があまりかからずに、低い温度が良い備前などは一の間に置きます。

詰めるときには、その器にあったトチンを下に敷き置いたり、目土をつけます。トチンには上下の向きがあります。

でっぱりのある方が器の方になります。目土は小さいものは3点、

器が垂れるのを防ぐために、大きなものにはつける個数を増やしていきます!

みんなでもくもくと慎重に目土をつける作業が続きます!

ひんやりとした狭い窯の中に入り、外から渡される作品を慎重に並べていくという、みんなで協力しながらの作業になります。

チームワークが肝心!!

暗い窯の中での照明をつけての窯詰め作業が続きます。会員さんとスタッフが、こちらを向いてピ−スサイン!!

スタッフが会員さんに説明をしています!みんなで勉強です!

作業の途中の休憩タイムです。みなさんほっと一息です。

いろいろな教室や同じ教室でも違う時間の方など初めて会う会員さんどうしが仲良くなって楽しい時間が過ぎてゆきます〜。

初めての方も多くいらっしゃたのですが、楽しかった!勉強になった!というお声をいただきました。

そして窯詰の作業を無事に終わらせて帰路につきました。みなさんご参加ありがとうございました。

このイベントで、器が穴窯で焼かれる仕組みがわかりますし、陶芸について語れる熱い仲間が増えますよ。

次回の穴窯焼成イベントは秋に開催です!

みなさんのご参加をお待ちしております!!

 

穴窯焼成☆詳しくはこちらをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/anagama/

 

☆第27回能勢穴窯大人の冒険ツアー☆スタッフ窯詰め☆焼成イベントに向けて 2018.4.11
公開日: 2018年6月8日 金曜日

こんにちは!

ゆう工房梅田教室ガラス講師の上村です(*^-^*)

先日4/11(水)に行いました、陶芸の穴窯作業の様子についてレポート致します。

本格陶芸ができるゆう工房の穴窯☆

年に二回、春と秋に薪をつかった窯で作品が焼成できるイベントがあります。

普段は街中で教室に通っている皆さんも、自然の中で窯に薪をくべ、昔ながらの自然な焼き物を楽しめる貴重なイベントです!

そんな私も穴窯は初体験で、ドキドキしながらの作業となりました…。

ぜひ、その様子をお伝えしたいと思います(`・ω・´)

まずは午前中にスタッフの皆と能勢に到着した後、

穴窯で自分の焼き物を焼きたーい!という全国の会員の皆様の熱い思いが詰まった作品を開包し、窯に詰めていく作業に取り掛かります。

 

 

沢山の陶芸会員さんが自らの熱意を込めた大小さまざまな形の作品があり、

スタッフ皆で繊細な素焼きの作品を取り出していきました。

素焼きの作品というのはとても脆く繊細で、うっかり力を入れると割れてしまうのではないかというほどで、

緊張をしながらも窯のどの位置に置いて焼くかという仕分けの作業を進めました。

そうして取り出した作品は、穴窯の中で置く配置を陶芸スタッフの皆で、相談をしながら窯詰め☆

新人でありガラススタッフである自分はその開梱作業とそのサポートをさせて頂きました☆

素敵な作品を焼いてほしいというお客様の期待を背負い、慎重に作品を窯に入れていきます。

 

 

 

それらがひと段落すると、スタッフは皆その日最後の仕事として次の秋にある穴窯焼成に向けての薪の仕分け作業に取り掛かりました。

これは次の穴窯に使用する薪を作るための、とても大事な工程です!

 

 

小雨の降る中、大小さまざまな薪を選別し、火にくべ易い薪や、薪割りに適した薪を選別しました。

薪は立てかけて干し、窯にくべる為にゆっくりと時間をかけ、次の穴窯の為に乾燥をさせて行きます。

仕分けが終わった薪を見て、次の穴窯も素敵な作品たちが焼き上がるようにと願っていました(*^o^*)

 

その数日後の4/15(日)には、会員の皆様も参加できる窯詰めイベントがありました!

今回の穴窯イベントでは一番参加者さんも多く、大人気のイベントでした☆

その様子も後日、ブログに記載させていただきますので、ぜひご覧下さいp(^_^)q

 

皆様、たくさんの作品を穴窯に出してくださり、ありがとうございました!

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン