やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京銀座教室 > 「吉祥紋飯碗☆食べるほどに験を担ぐ⁉」東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

「吉祥紋飯碗☆食べるほどに験を担ぐ⁉」東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

公開日: 2019年6月22日

こんにちは!

東京銀座教室スタッフのはざまです。

 

今週の会員さん名作品のご紹介は、ゆう工房歴4年7カ月のキクさんの染付茶碗です* 

 

 

内側は一見シンプルですが、、、

 

 

外側を見ると、全周にしっかり縁起柄・吉祥紋の染付がされています*

呉須・深緑の組み合わせと、素地との色の相性が良く、

多くの会員さんを惹き付ける作品となりました♪

 

(青海波/呉須)(三重欅/深緑)

 

(七宝/呉須)(鹿の子斑/深緑)

 

吉祥紋には古来から伝わる意味・願いが来込められているものがあり、工芸品・着物に多く用いられてきました。

 

青海波(せいがいは)・・・「未来永劫、平穏な暮らし」

七宝(しっぽう)・・・「無限に連鎖する平和、円満、子孫繁栄」

鹿の子斑(かのこまだら)・・・「子孫繁栄」

ちなみに、三重襷(みえだすき)は、直衣(のうし)と呼ばれる上級公卿の日常着の夏物に用いられた文様だそうです。

 

吉祥紋をまんべんなくあしらった飯碗は、食べるほどに元気をもらえそうです^^**

 

土:茜土

装飾:染付(呉須・深緑)

釉薬:3号釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン