やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京銀座教室 > 「黒天目刷毛模様タタラ皿」☆東京銀座教室☆陶芸会員さん名作品紹介 10月1週目

「黒天目刷毛模様タタラ皿」☆東京銀座教室☆陶芸会員さん名作品紹介 10月1週目

公開日: 2015年10月2日

こんにちは!

東京銀座教室担当スタッフ、はざまです。

今週の会員さん名作品はこちら!

 

234

 

施釉の難しい「松灰釉」を上手に使って、なんとも味わい深いタタラを作られた女性会員のOさん!

Oさんはゆう工房歴2年4ヶ月。

これまでにたくさんのうつわを作られて、いつも明るい色合いで可愛らしい作風が印象的ですが、

今回は、「カッコ良くしたいんです、釉薬もダークな感じで渋く」とのご希望。

シンプルな形に、なんとも侘び寂びの効いたタタラ皿になりました!

 

567

赤2土に松灰釉をドボ掛け。

その上からの黒天目釉の刷毛模様がとても艶やかで、アクセントが効いてます。

 

刷毛目は、化粧土ですと比較的やり直しが簡単ですが、こちらは釉薬の上に別釉薬で一発勝負の刷毛文様・・・

思い切りの要る制作が成功して私も嬉しいです!

完成したら何を盛り付けますか~と伺うと「・・・お寿司。^^」と、Oさんらしくふんわりご回答いただきました*

 

実は、松灰釉は、現在教室にある限りの在庫となり、今後入荷予定のない貴重な釉薬なのです。

もし同じ雰囲気を出してみたい方は、

赤2土に黄瀬戸釉の吹き掛け(霧状に吹き付ける)をして濃淡をわざと出すと、

いくらか近い雰囲気が出ますので、スタッフに相談して挑戦してみてくださいね!!

 

陶芸一般会員コース☆詳細はコチラから↓

 https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

10月1週目の名作品 1315101