やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京銀座教室 > 「本阿弥光悦・黒楽茶碗”時雨(しぐれ)”写し」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

「本阿弥光悦・黒楽茶碗”時雨(しぐれ)”写し」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

公開日: 2017年6月17日

こんにちは!

東京 銀座教室 担当スタッフ はざまです。

 

突然ですが、みなさんは、本阿弥光悦の作品をご存知でしょうか??

 

 

書家・刀剣研師・陶芸家でもあり、芸術の才能に長けた江戸時代初期の有名人・光悦さん。

その光悦が作った名碗中の名碗が、こちらの黒楽茶碗 銘「時雨(しぐれ)」という作品です。

 

今日は、「こんな作品がつくりたい!」ということで、

ゆう工房歴1年半の会員さん、ヒサシさんが挑んだ「ヒサシ流時雨写し」を、ご紹介いたします(^^)

こちらです…☆

 

豊かな腰の丸みや、口反りの加減などは、お持ちの図録を参考にサササっと作られました。

土は、黒御影土をベースに、赤5土を練り混ぜ、

釉薬は、キヌタ青磁や、黒マットを刷毛塗りで施しています。なかなか、凝ったつくりです…!

 

 

 茶碗に欠かせない、”茶溜まり”も、しっかり作り込んでいます。

 

 

 

 

刷毛塗りでできた豊かな景色が、本物以上に楽しませてくれる、名作品だと思います!

 

こだわりのポイントは、

焼成中にできた山疵(やまきず=窯傷)の再現です。

この名碗「時雨」は、高台部分から腰を通り、胴部分まで伸びる傷を、正面と見立てています。

 

ヒサシさんは、「形は多少違っても、この傷は、入れたいですね」と、

お持ちの図録をとにらめっこし、作品のアクセントを見事につくられました*

 

ヒサシさんのオリジナル性も程よく混ざった、陶芸愛たっぷりの作品になりました。◎

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン