やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京銀座教室 > 「置花入れ」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 7月2週目

「置花入れ」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 7月2週目

公開日: 2018年7月16日

こんにちは。

東京銀座教室 担当スタッフ はざまです。

 

今週の会員さん名作品は、

ゆう工房歴、もうすぐで6年になります、ひろみさんの「置花入れ」のご紹介です。

 

 

 

「このくらいのボリューム感で、このくらいの高さで…」

「でも、活けた花が倒れないように…」と、しっかり考えてきてくださったひろみさん。

支えとなる焼き締めの棒が、花入れ全体のアクセントになっていて、とても上品な雰囲気です。

 

 

斜め掛けをしたチタン白濁釉の境目をスポンジでぼかすように施し、

口縁部のつくりとの調和を図りました。

 

「真・行・草」と言い、花入れにも「真」をトップにした格分けがありますが、

唐物の青磁、染付、赤絵、白磁などは「真」、

施釉された和物の花入れは「行」、焼き締めなどの肌の粗い焼き物は「草」に当たります。

格式によって、花入れの下に置く”薄板”の形にも、それぞれ使い分けがあるので、

作品と一緒に設えると、より本格的ですね♪

 

客人へのさりげないおもてなしが演出できそうな、やさしい花入れができました*

 

土:南蛮土

釉薬:上部・チタン白濁釉/下部・土灰釉薄掛け

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン