「掻き落とし志野鉢」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目 | 陶芸体験,陶芸教室のゆう工房ブログやきもん日誌

やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 東京銀座教室 > 「掻き落とし志野鉢」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目

「掻き落とし志野鉢」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目

公開日: 2018年8月10日

こんにちは、東京銀座教室スタッフの木下です。

8月の2週目に突入しました!まだまだ暑さが続きますが

夏休み中の方は堪能されてください!

 

今週ご紹介する会員さんの作品は、ゆう工房歴3年のメグミさんの作品です!

 

 

メグミさんは穴窯など自然任せで渋めの作品が好きな会員さんです。

志野釉の濃淡が器の表情になっていますね♪

 

 

今回は掻き落とし(かきおとし)という技法で装飾をされています。

まだ焼いていない器の表面に違う色の粘土を膜のように塗り

くし等の先がとがった道具で粘土を剥がし、地の粘土との色の差で模様を描く技法です。

 

 

刷毛目で出来た白化粧の濃淡もとても綺麗に出ています♪

 

 

これからも色々な技法にチャレンジされてください!

 

粘土:南蛮土

装飾:白化粧(刷毛)の掻き落とし

釉薬:志野釉

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html