やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪枚方公園教室 > 「春雨の片口」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月4週目

「春雨の片口」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月4週目

公開日: 2017年3月25日

こんにちは。大阪枚方公園教室です。

近頃メジロをよく見かけます。
もうそんな季節かと雨上がりの木の葉を揺らすメジロをついつい目で追いかけます。

さて今週ご紹介しますチンさんの作品。
ゆう工房10年になりますベテラン会員さんのチンさんはいつもこだわりを強くお持ちです。

 

 

口元に鬼板を厚めに塗りチタン白濁で覆いました。
滲みがとても美しく春の雨を感じさせてくれる作品です。
食卓ではどのようなしつらいになるのかも楽しみな一品ですね。

 

施釉の際、自然に着く指先の跡や、茜土とチタン白濁釉の相性がまた良いです。
決して白すぎず艶のないしっとりした質感の片口としての用の美が、器自らわびさびを演出しているようです。

食卓では脇役な片口ですが、この凛とした佇まいはどんな食器にも自然に共鳴し、無いと寂しい存在ですね。

 

そんな幸せな作品です。

:茜土、鬼板、チタン白濁釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html