やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪枚方公園教室 > 「チタン白化粧絵付シロクママグカップ」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月1週目

「チタン白化粧絵付シロクママグカップ」☆大阪枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月1週目

公開日: 2018年6月8日

こんにちは。大阪枚方公園教室のスタッフ翁長です。

 

あっと言う間に6月になりました。

今年もあと半分ですね。何かを始めるのにはいい季節です(^^)

今年の梅雨は雨が多くなるか少なくなるか、、、楽しみですね♪

 

さて、さっそく今週の大阪枚方公園教室からの週の名作品をご紹介します。

今週の名作品はこちらを選ばせて頂きました☆

 

 

じゃーん☆

かわいらしいマグカップですね♪

 

こちらを制作されたのは、月2回のご受講で通われている女性会員さんの八尾さんです。

八尾さんはふんわりオーラで場を和ましてくれるような会員さんです。

 

真っすぐとしたマグカップが作りたいとの事で挑戦。

陶器は焼くと一回り小さくなるので、この大きさでも結構背を高く成形しなくてはなりません。

手ロクロは遠心力がかかるので、”まっすぐ”って意外と難しいんです(〃゚д゚;A

 

そんなこんなで成形が終わり、竹串と白化粧で模様の下地作り → 素焼きへ一度提出します。

そのあと、目、鼻、ほっぺを絵付けしました。

 

釉薬はどうしますか~?と相談したところ、、、「チタンで行きます。」との返答でした。

普段、絵付けは色をそのまま出すには透明の「3号釉」を勧めています。

チタン釉は白濁が強いため、白化粧や絵付けが薄くなってしまうリスクがあるのです。

 

スタッフ翁長は八尾さんに「本当にチタンでいいの!?」と2,3回聞いてしまいましたが

八尾さんは前に一度白化粧にチタン釉を使用した事があるらしく、その時は成功したとの事だったので

翁長はドキドキしましたが、チタン釉で施釉しました。

 

結果、、、大成功でしたね!

 

ふんわりほどよく素敵な器になりました♪

 

 

後ろも模様があるんです。

ピンクもふんわりでかわいらしいです。

 

 

 

プレゼント用にもピッタリですね☆

素敵な作品となりました。

 

土:茜土 釉薬:チタン釉 装飾:竹串かき落とし、白化粧、絵付

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン