やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪南堀江教室 > 「古びた風合いが奥深い☆渋貫入絵付け中鉢☆」大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 4月1週目

「古びた風合いが奥深い☆渋貫入絵付け中鉢☆」大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 4月1週目

公開日: 2020年4月8日

こんにちは。大阪南堀江教室陶芸講師の今村です。(^^)

今回紹介させて頂く会員さん名作品は、

ゆう工房歴12年4か月ケイコさんの「渋貫入絵付け中鉢」です。

 

 

美濃白土で作られたペアの作品です。

大きめのどんぶりを作りたい!との事で、いつもより多い土の量に苦戦されながらも

研究熱心なケイコさん。水挽きの手つきなど沢山質問してくださいながらイメージされた形を目指されておりました。

 

 

本焼き後には、青磁などビードロの透明釉の貫入に染み込ませる「とち渋」に初チャレンジされました。

どんぐりの渋につけて貫入に色を入れる渋貫入は、長年使いづつけて育てられた器のような自然な景色が現れます。

 

 

うつわには草木の絵付けが施されています。

素地の白さを活かし、ほんのりピンクに色づいたお花を絶妙に表現されていますね◎

 

 

ケイコさんのこだわりが沢山詰め込まれた作品に仕上がりました。

自作にも期待しております(*^^*)

・───・───・───・───・───・───・──・───・───・───・

 

土:美濃白土、白化粧

下絵の具:深緑、陶試紅

釉薬:天龍寺青磁

装飾:とち渋

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン