やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪南堀江教室 > 「仲間はずれをみつけて!しのぎ小皿」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 7月4週目

「仲間はずれをみつけて!しのぎ小皿」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 7月4週目

公開日: 2016年7月28日

こんにちは。
大阪南堀江教室担当のさっこです。

7月下旬といえば、学生は嬉しい夏休み突入です。
夏休みには楽しいイベントが各地で開催されますね。
夏祭りのお囃子が街を彩って祭り女にはたまらない季節がやってきます。

教室では「夏の絞染体験+淀川花火大会見学会~和を詰め込んで! 」の夏祭りを開催します♪
https://yukobo.co.jp/event_application/?event_no=2094

梅田教室で開催されます。花火大会も楽しみですね。

さて、日差しの強い日がつづいていますが皆さんお出かけの際はお体とポ○モンハンターにお気を付けください。

近頃名作品の常連さんになってきたゆう工房歴4年と2ヶ月の会員さん☆

一般会員さん月4回コース大井さんの「仲間はずれを見つけて!しのぎ小皿」を紹介いたします。

 

sinogiおおいさん! 

さてさて、しのぎとは器の表面を削って凹凸をつける技法です。
しのぎをすることで白化粧や薄く釉薬を掛けたときに. 濃淡がストライプにでるのも面白いですね。
表面を削る分、少し厚みを残して削り終えておくと凹凸がつけやすいのでお勧めです。
同じ大きさに同じ厚みで作品を揃えて作るのは少し技術のいることなのですが、竹串をトンボのように使って一生懸命制作されていました。

しかし一点だけ薄くなりすぎてしまったお皿が…さてどうしよう!!
という事で一点だけ掻き落としの技法を使ったしのぎ風のお皿が混じっています。
探してみてくださいね。

 

ooisann

 

作りながら試行錯誤しているとこんな風に面白いアイディアがふってくるんだなーとスタッフも思わずぎゃふんとした瞬間でした。
この瞬間に出会ってしまうとものづくりはたまらく面白くなりますね( *´艸`)

答えは…

 

ooisann!

こちらです。みなさんみつけられましたか?(*‘∀‘)

掻き落としとは削後の作品に化粧土を塗り、上に塗られた化粧土を自分の好きな柄に削りとっていく技法です。

陶芸には先人の陶芸家があみ出した技法がたくさんあります。
最近同じようなものばかりだなーと感じたら、
色んな技法にチャレンジして作品の幅を広げてみましょう(^^♪

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン