やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 会員名作品集 > 「数珠絵付けの黄瀬戸カップ」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さん名作品紹介 8月3週目

「数珠絵付けの黄瀬戸カップ」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さん名作品紹介 8月3週目

公開日: 2016年8月19日

こんにちは。
大阪南堀江教室担当のさっこです。
近頃寝苦しい夜が続いていますが、寝れなくなってオリンピックを見ていたらすっかり朝日を浴びている毎日です。
選手のみなさんはどうしてあんなにもきらきらしていらっしゃるんでしょう、今日も寝られそうにありません(*‘∀‘)

会員さん名作品紹介の前に…キラキラつながりでお知らせいたします。
みなさんお待たせいたしましたー(´▽`*)!!

七宝講座「夏の七宝-多色盛り技法を学ぼう-」♪ついに南堀江で開催されます!
夏から全教室で巡回を始めた七宝講座が、ついに堀江教室でラストを迎えます☆
まだ七宝にチャレンジしたことのない方、ぜひ新しいもの作りに触れてみて下さい(*^O^*)
申込フォームはこちらです↓↓
https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/59680/

さて、気を取り直して今週の名作品はー!!!

ゆう工房会員さん歴10年と4ヶ月!
一般会員、月2回コースご受講のおはるさんの「数珠絵付けの黄瀬戸カップ」を紹介いたします。

 

oharusann

ある日、先生ーこれ知ってる?と手作りのブレスレットをおはるさんからいただきました。

 

jyuzutama

 

このブレスレットのビーズの間にあるモノ、実は植物の実だそうで、乾燥させてドリルで穴をひとつひとつあけて加工するそうです。

数珠という植物の実で、そもそも数珠としてこの実を利用したことから この名前になったそうです。

会員さんからいろいろ教えていただくこういう時間がとってもしあわせです。
このカップに絵付けをされる日に、「数珠玉がたくさん生えていた場所がね、草刈りにあってしまったの」と少し悲しそうにうつむくおはるさん。
しばらくして「なにをかいているんですかー?」と見に行くと「数珠玉の思い出よ(^_-)-☆」とかっこよく答えてくださいました。
タンパンと黄瀬戸、鬼板で鉄絵という黄金比の仕上がりです。
数珠玉の「実」は、まっすぐ上を向くことが多いそうです。
おはるさんみたい( *´艸`)

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン