やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪南堀江教室 > 「黒御影掻き落としの技法ペアカップ」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月1週目

「黒御影掻き落としの技法ペアカップ」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 3月1週目

公開日: 2017年3月3日

こんにちは、大阪南堀江教室担当のさっこです。
梅の花が咲くころになりました。
先週、奈良の月ケ瀬に梅見に行ってまいりましたがまだ咲き始めでした。
つぼみを付けた梅の枝をみながら満開の様子を想像して春を感じてきました。
今週末、来週末あたりには満開でしょうか。
梅が終われば桜が咲いて…春はすぐそばまで来ているんだなとわくわくする今日この頃です。

さて今週は一般会員月2回ご受講、エツコさんの「黒御影掻き落としの技法ペアカップ」です。

 

 

 

土は黒御影を使用、手ろくろでまっすぐ土台を成形した後、底を削り出し、白化粧を濃い目にドボンと掛けて竹ぐしで掻き落としました。

鼠志野なんかも、胎土を白土、上から鬼板でこの技法が使われていますね。

今回のポイントはこの細く繊細な線。
化粧の乾き具合を良く見計らって、描いていきます。
手にくっつかない、でも器はほのかに湿っている状態、一番きれいに細い線を掻き落とせる環境にしてあげるのがポイントです。

 

 

模様もとてもキュートで癒されます。エツコさんの人柄がでていますね( *´艸`)

作り方と工程を理解できても、なかなか同じように出来ない…なんでだろうと思ったことはありませんか?
この仕事をするのに一番適しているという状態をよーく見極めて土と遊ぶこと。それが技だと思います。

一度つくって終わりではなく、何度もチャレンジして技を磨いていく、そんな土との向き合い方は素敵ですね(*^^*)

これからも皆さんの作りたい気持ちに精一杯寄り添っていきます!(^◇^)
一緒に技も磨きましょう!気軽に相談してくださいね。

 

黒御影掻き落としの技法ペアカップ:黒御影、白化粧を濃い目にドボン、竹ぐしで掻き落とし

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン