やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 会員名作品集 > 「白黒タタラ櫛目ボウル」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 5月1週目

「白黒タタラ櫛目ボウル」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 5月1週目

公開日: 2017年5月6日

こんにちは、大阪南堀江教室担当の杉山です。
みなさんGWはいかがお過ごしでしたか?
遊びにきてくださった皆様ありがとうございました。
皆さんのGWの思い出話もまた聞かせてくださいね(*^^*)
おはなしをお伺いできることを楽しみにしています♪

さて今週は一般会員、月4回ご受講、フジモトさんの「白黒タタラ櫛目ボウル」をご紹介いたします。

 

 

 

まず、タタラ板を型にはめて手のひらで指跡がつかないようしっかり形状記憶させて成形します。
型にはめたまま櫛目でディティールを付けて、少し乾かしてから型から外します。
外した後もそこが安定するように少し手で圧を加えて座りを整えると完成度がぐんとアップします。

黒ボウルは全体にぽってりと釉薬をかけてサイドの櫛目にうっすら釉薬を残し、

白ボウルは茜土のあたたかさを生かしながら柔らかい印象に仕上がりました。

 

素焼きまでは同じ食器でしたが、釉薬の持つ性質や組み合わせで作品の印象がこんなにも変わるんですね。
どちらのボウルも盛り付けが楽しくなるような素敵な器に仕上がっています。
お料理をのせたときに、「どっちがおいしく見えるかな」なんて考えながら、使う楽しみも味わえる二度おいしい器です。

手に触れたときの質感にこだわって制作されることの多いフジモトさん。
ステキな作品をありがとうございました。

 

白黒タタラ櫛目ボウル:茜土、タタラ、櫛目

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン