やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪南堀江教室 > 「釉重ね大皿」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

「釉重ね大皿」☆大阪南堀江教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

公開日: 2018年6月22日

こんにちは(^^)
大阪南堀江教室担当講師の杉山です。

教室では会員さんに頂いた紫陽花の花が元気よくまっすぐ伸びて、綺麗な花が開き始めました。

今週の南堀江教室会員さん名作品はゆう工房歴4年の匠さんの作品。
「釉重ね大皿」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き込まれるような面白い釉相が印象的な大皿です。
異なる3種類の釉を重ね、不思議な釉相を創り出す三重掛け技法、ひとつひとつの釉薬がしっかりと生地にとどまるよう、時間をかけて施釉されています。
イラボ、チタン、茶マットというそれぞれ異なる性質を持った釉薬を見事に調和させる掛け分けのテクニックも、いつも重ね掛けを研究している匠さんならではの技です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高台に焼き付かないよう釉薬が程よく、流れ溜まりになっているところにも技を感じる作品です。

作者の匠さんも、この流れ溜まりの絶妙さ加減がお気に入りで、今までで一番の作品ができたと仰っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラの作品はすでにお嫁にいかれたそうで、素敵なお写真を見せてくださいました。
いつもぶつぶつ交換をされている仲良しご家族のかわいい双子ちゃんのところへお嫁に行かれたそうです( *´艸`)
お皿がとっても大きく見えますね。いや、実際大きなお皿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な作品をありがとうございました。

一緒に受講されている匠さんの奥様の作品も素敵なのでご紹介させてください。

近頃はねこちゃん専用のお皿を制作されていました。上下分かれているの仕様で使いやすさも抜群です。

 

 

首が痛くないニャー!と食欲もわいてきそうな器ですね。

ものつくりで弾む会話と素敵な器での食卓、佐藤家のねこちゃんは幸せだろうなーと心が温かくなりました。

 

 

これからもお2人の素敵な作品を楽しみにしています。

「釉重ね大皿」:釉溜まり、重ね掛け、大皿

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン