やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 会員名作品集

会員名作品集

ゆう工房WEB名作品展★今週のMVP作品は・・・!(12月の2週目作品)
公開日: 2018年12月18日 火曜日

 

week_mvp_banner

 
ゆう工房会員WEB名作品展 今週のMVP作品(12月の2週目作品)
 
 
 今週のMVP作品は東京銀座教室の会員ヒゲプラさんの陶芸作品に決まりました!!
 
ミニチュアの火焔土器。
キヌタの青磁の濃淡がユーモラスなフォルムに似合っています。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
週間準MVP賞はこちらの作品です。
 
 
大阪南堀江教室の会員サユリさんの陶芸作品に決まりました!!
 
丁寧に作られた動物の細工。
楽しさが伝わってきます。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
絵付けが映えるで賞はこちらの作品です。
 
 
東京青山教室の会員靖子さんの陶芸作品に決まりました!!
 
ルリ釉に似合う鉄の絵具。
食卓のさし色になります。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
全国のゆう工房7教室から選抜された8作品の中から、選ばれた名作品です。
※陶芸以外のガラス、銀、染織部門も1点あります。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 枚方教室 ナカダケさん    梅田教室 かさはらさん   南堀江教室 サユリさん  名古屋栄教室 シズカさん

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  青山教室 靖子さん    銀座教室 ヒゲプラさん  福岡天神教室 ミシェールさん 他工芸部門 コジマさん
 
 
 
 
 
 
 
この後、今月入賞する各週のMVP4作品の中から月間MVP作品が一点決まります☆
ゆう工房WEB名作品展はゆう工房のフェイスブックにも掲載されています。ご覧ください。(^O^)/
 
「クリスマスをあたたく彩る☆キャンドルフュージングボード」☆大阪梅田教室☆ガラス会員さんの名作品紹介 12月2週目
公開日: 2018年12月16日 日曜日

こんにちは、大阪梅田教室スタッフの伊達です。

近頃ようやく冬らしい寒さになってきましたね!

会員さんが制作されている作品もクリスマスやお正月にちなんだ作品が多く、年の瀬がやってきたなと感じております…

 

今週ご紹介する名作品はガラス会員コジマさんのフュージングボードです。

会員歴6年のコジマさんは普段はステンドグラスやサンドブラストで作品を制作されています。

クリスマスに向けて、フュージングの技法でお部屋に飾るボードを制作されました。

 

 

キャンドルとひいらぎのモチーフが季節感満点ですね!

 

フュージングとは土台のガラスの上にカットしたガラスをのせ、窯の中で焼くことでガラスを融合させる技法

です。溶けたガラスは角がとれて丸く柔らかい形になります。

キャンドルの火や光の揺らぎが、溶けたガラスで上手に演出されています。

キャンドルに近いガラスを明るい透明のガラスにされ、外にいくに従って不透明の暗色のガラスにされているので

向こう側の光が入ってきた時、まるで炎がポッと灯ったように見えます。

 

 

 

全体的に丸みがあってほのぼの可愛いらしいデザインですが、

実は色彩やガラスのテクスチャー、光の入り具合に至るまで緻密な計算をされている、切れ味鋭い作品です。

ガラスの透明感を存分に活かされた素敵な作品ですね!

次回作も楽しみにしています☆

 

 

ガラス工芸会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

「萩化粧藁刷毛わら白茶碗☆温かみ溢れる。。。◎」枚方公園教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 12月2週目
公開日: 2018年12月16日 日曜日

こんにちは、ゆう工房枚方公園教室陶芸講師の永冨です。(^^)

今回ご紹介させていただくのは、

ゆう工房歴9年陶芸会員ナカダケさんの作品「萩化粧藁刷毛わら白茶碗」です!

 

 

萩化粧とわら白の、優しい雰囲気が特徴のお茶碗です。◎

萩化粧は濃いめに塗らなけばクッキリしたお色が出にくいので、

藁刷毛装飾の際は濃淡にも気を付けていらっしゃいました。(=゚ω゚)ノ

 

 

萩土で成形、わら白を釉掛けしたものは

全体的に均一にピンク色が発色されますが、今回の作品は白土に萩化粧。

器の内側だけでも、細かく色んな表情が出て面白いです♪

 

 

わら白の乳白濁と萩化粧のピンク色、絶妙にマッチ!

白いご飯が映えて、食卓にも温かみが溢れ出しそう。( *´艸`)

 

ナカダケさん、素敵な作品をありがとうございました☆

 

土:美濃白土

装飾:萩化粧

釉薬:わら白

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

「中国青磁風小型火焔式土器☆女性からの人気も」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 12月2週目
公開日: 2018年12月16日 日曜日

こんにちは!

東京銀座教室スタッフ はざまです。

 

今週の会員さん名作品のご紹介は、

ゆう工房歴もうすぐ3年、ヒゲプラさんのミニ火焔式土器です*

 

 

2018年秋の穴窯で敢闘賞を獲得された火焔式土器の、小型版を作ってくださいました☆

 

 

片手で持てるほどのサイズで、より装飾の密度が高く難易度が上がっています*

 

 

↑今回はこちらの「中国青磁」に着想を得たそうで、白土に凹凸が際立つキヌタ青磁釉で仕上げられました。

 

 

 

大物の制作を経てから、細部の作りこみにも慣れてきたようで、

いつまでも手の中でくるくると回して眺めたくなる作品です*

かわいらしいミニチュアサイズに女性からの人気もありました^^

 

同じシリーズで、飴釉や、瑠璃釉バージョンもあると、お部屋に飾るのも楽しいですね♪

 

土:美濃白土

釉薬:キヌタ青磁

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

「樹皮模様織部釉植木鉢☆お部屋で緑を堪能♩」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 12月2週目
公開日: 2018年12月16日 日曜日

 

こんにちは、福岡天神教室スタッフの松崎です( ^ω^ )

今週ご紹介する会員さん名作品はこちらです!

 

 

ゆう工房歴3年、ミシェールさんの作品の、「樹皮模様織部釉植木鉢」です。

電動ロクロの制作が得意なミシェールさんは、チャレンジャーで創作意欲が強く、独創的な作品にスタッフも驚かされます!

今回の作品は、陶器で木を再現するという冒険的な挑戦をされました。

 

 

うつわの表面を細くしのぎ、不揃いにしのぎを入れることで、

縦割れした樹皮を細かく忠実に再現されています。

織部風緑釉の渋みのある緑と、南蛮土の深い赤の色味がマッチしています!

触り心地も大木を触っているような感覚です☆

 

 

木のぬくもりを感じる今回の作品、、、

生ける花や苗によって、うつわの表情も変わりそうで楽しくなりますね☆

 

土:南蛮土

装飾:しのぎ

釉薬:織部風緑釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。