会員名作品集 | 陶芸体験,陶芸教室のゆう工房ブログやきもん日誌

やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 会員名作品集

会員名作品集

ゆう工房WEB名作品展★今週のMVP作品は・・・!(8月の2週目作品)
公開日: 2018年8月14日 火曜日

week_mvp_banner

 
ゆう工房会員WEB名作品展 今週のMVP作品(8月の2週目作品)
 
 
 今週のMVP作品は大阪枚方公園教室の会員カワモトさんの作品に決まりました!!
 
やんわりとした赤土のロクロ目と葡萄の絵付けがなじんでいます。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
週間準MVP賞はこちらの作品です。
 
 
名古屋栄教室の会員シゲキさんの陶芸作品に決まりました!!
 
御本の桃色とクロムの緑色がバランス良い作品です。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
染付で賞はこちらの作品です。
 
 
大阪梅田教室の会員やまもとさんの陶芸作品に決まりました!!
 
古紋と見込みの絵付けがざっくりと描かれた作品です。
受賞おめでとうございます(^^)/☆
 
 
 
 
全国のゆう工房7教室から選抜された8作品の中から、選ばれた名作品です。
※陶芸以外のガラス、銀、染織部門も1点あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 枚方教室 カワモトさん     梅田教室 やまもとさん   南堀江教室 ちあさん   名古屋栄教室 シゲキさん
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  青山教室 カズヨさん    銀座教室メグミさん   福岡天神教室ヨコヤマさん 他工芸部門 コジマさん
 
 
 
 
 
 
 
この後、今月入賞する各週のMVP4作品の中から月間MVP作品が一点決まります☆
ゆう工房WEB名作品展はゆう工房のフェイスブックにも掲載されています。ご覧ください。(^O^)/
 
「可愛らしい✴︎海ガメのメモクリップ」☆大阪梅田教室☆ガラス会員さんの名作品紹介 8月2週
公開日: 2018年8月10日 金曜日

こんにちは。

大阪梅田教室ガラススタッフの上村です*\(^o^)/*

 

今週の陶芸コース以外の他ジャンル会員さん名作品を紹介します☆

 

\ゆう工房歴6年7ヶ月のコジマさんの作品です/

 

 

お友達にプレゼントをするので、作ってみたと嬉しそうにおっしゃっていました。

とっても可愛らしい海ガメさんは、まるで今にも泳ぎ出しそうです!

メモを挟むためのクリップも、とても丁寧に可愛らしいハート模様に細工を施されています。

 

 

コジマさんは、月4回通ってくださり、とても真剣に制作される会員さんです。

完成された時の笑顔がとっても素敵で、今回もプレゼントするのだとおっしゃる照れた笑顔が素敵でした!

 

ゆう工房の他ジャンル会員さんは、ガラスや銀アクセサリー、染色などとてもたくさんの作品が制作できます。

いろんな刺激を受けながら、皆さんとても和気藹々と素晴らしい作品を作ってくださいます。

ぜひ、お気軽に見学にいらしてください☆

 

ガラス工芸会員コース☆詳しくはこちらをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_glass.html

「焼き締め化粧花器」☆福岡天神教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目 —
公開日: 2018年8月10日 金曜日

こんにちは!福岡天神教室の佐藤です(^^♪

夏と言えば花火!皆さんお祭りや花火は見に行かれましたか?

暑さも忘れさせてくれる花火は夏の風物詩ですね。

さて今回の会員さん名作品は、花は花でも花器のご紹介!

ゆう工房歴1年のヨコヤマさんの作品

 

「焼き締め化粧花器」です!

 

 

キュッとしまった口元からふっくらとした胴、シルエットのかわいい作品が焼き上がりました。

南蛮土に、スポンジを使いポンポンと白化粧をのせていき、わざと毛羽立たせ自然な風合いを表現しています。

手に持ったときには柔らかい感触、花を飾るときには花を引き立たせる素朴な雰囲気の花器になりました(*^-^*)

 

 

表面とは一転し、中には涼し気なキヌタ青磁を施釉しています。

上から見ると白と縁の焦げ、青白い釉とのコントラストがとてもきれいですね(^^)

 

 

どんなお花が飾られるかワクワクします( *´艸`)

次の作品も化粧を使ったプレートなどを制作中……皆様お楽しみに!

 

 

土:南蛮土

釉薬:キヌタ青磁

装飾:白化粧

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「描き落とし絵付け皿」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目
公開日: 2018年8月10日 金曜日

こんにちは、名古屋栄教室担当の安藤です♪

今年の夏は特にそうめんや冷麦が美味しく感じます◎

暑さに負けないよう、まずは食から「涼」を取り入れたいですね!

 

さて、今週ご紹介する作品はこちらです。

 

 

 

ゆう工房歴3年☆シゲキさんの「描き落とし絵付け皿」です。

シゲキさんは、穴窯や講座にも意欲的に参加して下さる熱心な会員さんです◎

今回は白化粧した素地を描き落とし、その上から絵付けを施しました。

 

 

白化粧を生掛けする際、お皿の形は特に崩れやすくコツが必要ですが、

素地の乾燥具合が丁度良い時に柄杓掛けされたので、ムラなく化粧土がかかっていますね!

生掛けの際に崩れるリスクを減らしたい場合は、素地に水気を与えすぎないよう刷毛で塗るのもオススメです。

刷毛目をつけずに塗りたい場合は白化粧を濃いめに調整してくださいね◎

また、内側にしか化粧土を掛けない場合も、素地が水気を含んで膨張した際に亀裂が生じやすくなるので、

外側に先に刷毛で水を塗っておくと全体の水分量がそろって崩れにくくなります。

 

次回の穴窯作品も楽しみにしています(^^)

使用土:美濃白土

使用釉薬:桃木灰釉

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

「掻き落とし志野鉢」☆東京銀座教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 8月2週目
公開日: 2018年8月10日 金曜日

こんにちは、東京銀座教室スタッフの木下です。

8月の2週目に突入しました!まだまだ暑さが続きますが

夏休み中の方は堪能されてください!

 

今週ご紹介する会員さんの作品は、ゆう工房歴3年のメグミさんの作品です!

 

 

メグミさんは穴窯など自然任せで渋めの作品が好きな会員さんです。

志野釉の濃淡が器の表情になっていますね♪

 

 

今回は掻き落とし(かきおとし)という技法で装飾をされています。

まだ焼いていない器の表面に違う色の粘土を膜のように塗り

くし等の先がとがった道具で粘土を剥がし、地の粘土との色の差で模様を描く技法です。

 

 

刷毛目で出来た白化粧の濃淡もとても綺麗に出ています♪

 

 

これからも色々な技法にチャレンジされてください!

 

粘土:南蛮土

装飾:白化粧(刷毛)の掻き落とし

釉薬:志野釉

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html