やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 過去のワークショップ&パーティレポート > ゆう工房30周年記念☆無料講座☆「電気窯窯詰窯出し講座」~1230度の世界~in大阪梅田教室 2018.09.14

ゆう工房30周年記念☆無料講座☆「電気窯窯詰窯出し講座」~1230度の世界~in大阪梅田教室 2018.09.14

公開日: 2018年10月6日

こんにちは!大阪梅田教室 陶芸講師の村上です(^^)/

大阪梅田教室で開催しました、

ゆう工房30周年記念☆無料講座☆「電気窯窯詰窯出し講座」~1230度の世界~

のイベントレポートを致します(*^-^*)

 

この日お集まりくださった5名の会員様。

窯を将来自分で焚くかもしれない、知っておきたい…!という

ベテランの会員さんがお集まりくださいました。

 

     

 

始めはゆう先生や講師の座学から。本焼きと素焼きの違いや、

窯を詰めるときにつかう道具や注意点についてお話させて頂きました。

皆様ときおり質問を挟みながら、わきあいあいという雰囲気の中で進んでいきました。

教室で行っている電気窯での窯詰・窯出し・焼成は、皆様体験したことがないので

「知らなかったー、そうなんですね!」

「そんな苦労があるんですね、いつもありがとうございます!」

など、ねぎらいの言葉も( *´艸`)

こちらこそ、そう言って頂きありがとうございます!

 

その後は、焼成前の釉薬の色だけを見ながら何の釉薬か当てるミニコーナー。

ゆう工房では焼にこだわり、還元焼成をしているので

窯の中の場所によって還元がかかりやすい場所に置く物、そうでないもの、

どこに入っても良いもの、など分けて窯に詰めていきます。

釉薬の色だけをみて瞬時に判断しないといけないので、

慣れるまではなかなか難しいのです。

が、そこはさすがベテラン会員さん!皆様全問正解でした!

 

その後は窯詰を体験していただきました。

 

まずは講師のあーりー先生が解説します…

 

今回は窯詰めの時に使う板(棚板と言います)1枚分、高さを注意しながら

焼きあがっている作品を使って詰めてみていただきました。

 

制限時間5分でよーいスタート!

 

 

 

 

皆様時間を気にしながらも早いスピードでどんどん並べていきます。

器同士の組み合わせが難しいですが、パズルのようなイメージです。

ピタッと丁度よく収まる器があると気持ちよいのです(^O^)

 

最後は窯の中を見て頂きました。

普段なかなか入るチャンスがない窯場、

実際にみてどのように詰めるか想像していただけたのではないでしょうか。

 

大阪梅田教室ではゆう工房30周年記念☆無料講座☆第3弾

本焼き講座が11月に開催予定です。

また1つ、知らなかった陶芸の世界を知る機会です!

ぜひ会員様のご参加お待ちしています(^O^)

 

今後のワークショップ&イベント情報は下記のURLをご覧ください↓

https://yukobo.co.jp/kyoushitsu-blog/event/