やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 名古屋栄教室 > 「茶貫入指紋様青白磁風一輪挿し」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 11月3週目

「茶貫入指紋様青白磁風一輪挿し」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 11月3週目

公開日: 2017年11月19日

こんにちは!

名古屋栄教室のスタッフ小林です(*^^*)

朝晩の冷え込みがとても強くなってきましたね~

でも寒い分、夜空の星はすごく綺麗に見えます。

流星群も見えやすくなる季節です。

寒いですが、月が綺麗な日は一度夜空を見上げてみても良いですね♪

 

さてさて、今週の会員さん名作品は・・・

ゆう工房歴3年目、月4受講のしげきさんの「渋貫入指紋様青白磁風一輪挿し」です!

 

 

しげきさんは月4回受講されますが、ほぼ毎月追加受講をされていて、とっても熱意のある会員さんです。

穴窯作品も3点提出し、色々な技法を積極的に取り入れています。

今回も、装飾にこだわった逸品が生まれました◎

この作品のポイントは①指跡、②栃渋を技法に加えたところです。

 

 

釉薬の二重掛けをしているのですが、その際に作品の下部(腰)をあえて手で持ちながら行い、2色目の施釉の際は持つ場所を変えています。

その為何とも不思議な模様がつきます。

更に本焼き後、「栃渋」につけて作品に趣ある渋みを持たせています。

栃渋とはどんぐりの帽子部分を水につけて放置したもので、黒い液体です。

少し独特な匂いですが、これに作品を一定時間つけ、乾燥させると貫入に渋が行き渡ります。

5分つけただけでもうっすらと優しい色が出ますが、今回しげきさんは30分程つけ、少し強めに浸透させました(*”▽”)

栃渋につけると、作品の雰囲気を変えるだけでなく、目止めになって汚れにも強くなるんです♬

 

本焼き後は透き通った水色の一輪挿しでしたが、栃渋につけたことでワンランク上の作品に仕上がりましたね!

これからも、しげきさんの作品に期待しています☆

 

使用土:茜土

釉薬:月白→わら白、本焼き後に栃渋液に約30分

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン