やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 名古屋栄教室 > 「しまスジ秋色ぐい飲み」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 9月3週目

「しまスジ秋色ぐい飲み」☆名古屋栄教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 9月3週目

公開日: 2018年9月22日

 

こんにちは!名古屋栄教室のオリバーです。

先日、我が家ではタケノコの炊き込みご飯をいただきました。

四季のある国、日本。旬のおいしさはたまりません!( *´艸`)

ぐっと秋が近くに感じられる今日この頃です。

 

さて、そんな季節に似合う作品が、今週の名古屋栄教室の会員さん名作品です☆

 

【しまスジ秋色ぐい飲み】☆+・+☆+・+☆+・+

 

 

秋に映える、おちついた色のぐい飲み。

側面に彫られたスジによる凹凸で、流れる釉薬に濃い薄いができ、縞模様になっています☆

今回の教室MVPは、ゆう工房歴3年目のアオさんの作品です(*^-^*)

 

 

アオさんは陶芸作家さんを目指して

ゆう工房の専科全日制コースという、3か月間、みっちり陶芸の勉強をして

本格的な技術を手にするコースを卒業された男性会員さんです。

とても丁寧な作業をされるので、仕上がりはいつも美しいんです☆

 

陶芸専科さんを修了されただけあり、技術力はかなりある会員さんで、日々作陶に励まれています。

毎回作りたい作品をイメージスケッチされ、スタッフと相談したり、

どんな工程を踏んだかひとつひとつメモをとられているとっても真面目な方です。

 

 

呑みやすいようにアールのかけられた口元は、

深緑色の釉薬をかけて締まったデザインになっています。

あえてきっちり掛け分けるのではなく、流れるようにやんわりと釉掛けされているのが

作品全体のフォルムとあっていて良いアクセントになっていますね☆

 

 

中にはロクロ目がやんわりと残っていて、自然のながれを感じます。

うまくなってくると作品との駆け引きが重要になってくるので

デザイン的な工夫の難しさになやまされることもしばしばですが、

迷いながらも土とむきあう姿は、なんだか素敵ですね(*^^*)

 

秋の夜長の月見酒。

そんな晩酌にぴったりの、やわらかい和陶器ができあがりました♪

表情を持たせるために、土もオリジナルでブレンドしているアオさん。

次回作にもこうご期待!

 

土:もぐさと美濃白土のブレンド

釉薬:茶マット、織部風緑釉

技法:ロクロ目

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。↓

https://yukobo.co.jp/ge_tougei.html

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン