やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪梅田教室 > 「季節のものつくり☆涼やか枯山水風白皿」大阪梅田教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

「季節のものつくり☆涼やか枯山水風白皿」大阪梅田教室☆陶芸会員さんの名作品紹介 6月3週目

公開日: 2019年6月22日

こんにちは!

大阪梅田教室スタッフの杉山です。

今週の梅田教室会員さん名作品を紹介をします。

 

 

ゆう工房歴7年のかなさんの作品で、タタラ成形された枯山水を彷彿とさせる作品です。

枯山水とは、水を一切使わずに山水の景色を表現する庭園様式の一つです。

座敷から景色を眺め、その空間にどんな意味があるのか、思いを巡らせ自問自答しながらその時を楽しみます。

また、水面を表現するために描かれる砂の模様は砂紋(さもん)と呼ばれ、波紋やうねりなど多彩な描かれ方をしています。

 

かなさんの作品は、タタラ板でスライスした板状の土を一度型にはめて成形し、

程良い固さに調整した後、手回しロクロの上に置いて波紋、いや土紋でしょうか、枯山水風の渦を彫ります。

深すぎず、浅すぎず、上品な印象の紋になりました(^^)

 

 

じめっと梅雨を感じる夏、作品に少し涼やかさを加えて季節に合ったものつくりをするのもワクワクしますね。

素敵な作品をありがとうございました。

土:白美濃土

釉薬:皿 土灰釉

 

 

陶芸一般会員コースの詳細はコチラをご覧ください。

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン