やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪梅田教室 > 「 蕎麦釉タタラ大皿」★第25回大阪能勢穴窯焼成体験・大阪梅田教室・教室長賞発表!!

「 蕎麦釉タタラ大皿」★第25回大阪能勢穴窯焼成体験・大阪梅田教室・教室長賞発表!!

公開日: 2017年5月24日

こんにちは!大阪梅田教室陶芸スタッフの村上です(o^∇^o)ノ

梅田教室にも穴窯作品が焼きあがって戻ってまいりました!

梅田教室で穴窯作品展も開催中ですので、ぜひ皆様お立ち寄りくださいね☆

その中から、梅田教室の教室長賞の作品を紹介いたします!

 

 

こちらは、梅田教室陶芸会員の青山さんの「蕎麦釉タタラ大皿」です。

青山さんは、ゆう工房歴約7年のベテランさんで、明るく、熱心な女性会員さんです。

とても丁寧に作陶され、作品に対する思いをいつも感じられます。

ベテランさんですが青山さんはなんと今回初めて穴窯に出品されました!

 

穴窯の焼きあがりをイメージして作ったタタラのお皿は、約20cm×約15cmの大きな作品。

蕎麦釉をかけられましたが、しっっとりマットな質感に焼きあがり重厚なたたずまいをしています。

 

見所は、釉薬の表情です。

蛇かつ釉のような、釉薬の縮みのような表情があります。

特に、内側のカーブの釉薬が流れたり、釉薬が濃くかかったところなどにその表情が見えますね。

器の裏側も、素敵な色になっています。

緋色がきれいで、目アトもくっきり、アクセントになっています。

 

いつもの教室とは違う雰囲気になりましたが、青山さんの感想をお伺いするのが楽しみです。

ぜひ、次回作もがんばっていただきたいなと思います♪

 

土:美濃白土

釉薬:蕎麦釉