やきもん日誌

  1. ゆう工房トップページ
  2. やきもん日誌 > 大阪梅田教室 > ☆会員さん紹介☆「やりたいことに真っすぐに♪自分だけの陶芸スタイル」☆大阪梅田教室 2018.8.12

☆会員さん紹介☆「やりたいことに真っすぐに♪自分だけの陶芸スタイル」☆大阪梅田教室 2018.8.12

公開日: 2018年8月16日

こんにちは。大阪梅田教室陶芸スタッフの今村です。

今回も会員さんのご紹介をさせて頂きます(^^)

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

大阪梅田教室陶芸会員のリョウさん☆

ゆう工房歴は10年のベテランさんで、エンジニアのお仕事を普段されている笑顔が爽やかな男性です♪

陶芸を始められたきっかけは、雑誌「ケイコとマナブ」。

ゆう工房が掲載されていたのを見つけられ、

当時他の習い事もしておられたそうですが、梅田教室で陶芸体験されて入会してくださいました☆

手のひらに収まるくらい小さい急須を主に制作されています。

 

 

急須を初めて作られたのは入会して3ヵ月目。まだ陶芸始められたばかりの頃です。

急須は蓋や口、本体などそれぞれのパーツをバランスを考えながら成形するため、

他のカタチよりも手間がかかったり、テクニックが問われるのですが、

先生に反対されても「どうしてもはやく作ってみたい!」という強い想いをお持ちでした。

その後も作陶に励まれていたリョウさんですが、ある時、他の会員さんが手のひらにのるような小さい作品を作っているのを見つけ、

つくり方を先生から教わり、

「これだ!」としっくりきたんだとか!(^^)!

手回しロクロに土の塊をのせ、電動ロクロで成形するかのように成形していく独自の方法で成形されています。

 

作品の小ささはライターと比べると一目瞭然。

 

 

機能性は普通の急須と変わらないから驚きです!♪♪

年に2回ほどご自身の作品の展示会もされています(*’▽’)

最初は色んなものを作っていたけれど、これだ!と思えるものを見つけれたから、それからはずっと腰を据えて

一つの事をやり続けれているというリョウさん。

同じ事を突き詰め日々研究されているからこそ、リョウさんにしか作れないですし、作品も日々進化し一層輝いて見えますね.:*☆

陶芸も好きだけど、青い海も大好き!! だそうで、色んな海にお出かけされていて、

お土産話をいつも楽しく聞かせて頂いています( *´艸`)

 

 

ウミガメと泳ぐリョウさん。気持ち良さそうですね~<゜)))彡☆

これからも見る人の目を丸くしてしまうようなカッコいい作品づくりに期待しております!

 

梅田教室の詳細はこちらをご覧ください ↓

https://yukobo.co.jp/umeda.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連サイト

  1. ブライダルギフトサイトへ
  2. 記念日手作りプレゼント オリジナルギフトサイトへ
  3. 名入れギフト承ります。おうちオーダーサイトへ
  4. 出張教室サイトへ
  5. 陶芸体験
  6. Cafe ゆうサイトへ
  7. 原始の陶芸にふれる 穴窯焼成体験
  8. スタッフ募集中
  9. ゆう工房の手作りMYLIFE Facebook
ログイン